MAKIの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自称覚者は「苦」から逃げているだけ!苦を感じてこそ人間であり、苦を乗り越えてこその人生!

f:id:c-sakuranbou:20161024085222j:plain

自称覚者や真理オタは「苦」は無いと説く。

それは思い込みであり、

「私がいる」という幻想により成り立っており、

本当は「私」と定義出来るものなどないのだから、

「私」などは存在せず、したがって「私」か感じている

苦なども存在しない・・・というのが彼らの理屈のようです。


出ましたー!

相対主義者の現実逃避。

理屈上はそうでもあなただって、

ありありと苦を感じているでしょ?

殴られりゃ痛いし、嫌なことがあったら腹も立つでしょ。

それは「苦」ではないの?


で、あなたち、自称覚者、非二元が大好きな真理オタは、

私はいなくて「苦」は幻想だから苦は感じないんだ。

それは現実に対する「抵抗」であり、

現実に対する恐怖からくる「麻痺」じゃないですかね。

心が無痛覚になることが「悟り」なんですか?

それはどちらかというと「虚無」というんじゃないんですかね。


痛みを感じないからといって、

患部を放っておいたら、そこは化膿してくるし、

腐ってくるんだよ。

痛みを感じるってのは正常な感覚なの。

痛みから逃げるなよ。


痛み(苦)を感じてこその人間だろ。

痛み(苦)を感じ乗り越えてこその人生だろ。

乗り越える前に、ビビって虚無に魅入られ、

無痛覚のふりをしてカッコつけている人間は、

ただの厨二病にしか見えないよ。

 

あのさ、あなたち特別なこと言ってる気になって、

悦に入ってるようけど、相当カッコ悪いからね。

何をスカしてるんだか・・・。

 

苦を受け入れ、それを克服しよう、乗り越えようと、

失敗しながらも日々努力して入る人の方がはるかにカッコいいよ。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事