頑張らなくても大丈夫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私は不幸だ」なんて物語に酔っている限り、幸せになんてなれないよ!

スピなお話 人生

f:id:c-sakuranbou:20161104085357j:plain

スピリチュアルの住人は、「物語」に酔っている人が多いですよね。

例えば・・・その出来事は過去世からの因縁で、

その解消のために起こった・・・とか、

今世で不幸なのは、過去世でのカルマのせい、

今世は償いのための人生なんだ・・・とか、

ライトワーカーとして地球を浄化するため、

人々を導くために活動をしている・・・とかね。

そんな「物語」に酔っている人がほんと多い。


そうやって自分を特別な人間と思いたいだけじゃね?

そうやって自分を慰めているだけじゃね?

と思うんですよね。


その傾向って、あーこの人、社会人として全然ダメだな、

という人ほど、劇的な物語に酔っちゃっていて、

酩酊しているというか、

そのナルシストぶりがかなり痛々しいですね。

そうしないと精神のバランスが保てないんですかね?


頭がおとぎの国に行っていて、

現実の世界に帰って来れなくなってるんだよね。

悟りましたー!なんて言ってる人間もそう。


あなたの人生に、そんなおとぎ話、必要なんですか?

そこまで自分を特別な人間だと思いたいんだ?

ふつーの人間じゃダメなの?

と言いたいですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

で、これはスピリチュアルの人間に限らずだけど、

自分はダメ人間だ、弱い人間だと思っている人ほど、

自分のダメっぷり、不幸ぷりに酔っているというか。


人って、現実が報われないと、

自分は特殊な環境で育ち、

特別に不幸な人生を歩んでいる特別な人間だと、

最も「楽」な手段で特別になりたがるんだよ。

 

あなたが不幸なのは、環境のせいでも、毒親のせいでも、

育ちのせいでもないよ。

それらの責任にしている自分のせいだよ。

原因を人のせいにし、

不幸の物語に酔ってる限り、

いつまでたっても現実は良くならないって。


物語なんて手放して、

ダメな自分を自分をしっかり見て、

それを受け入れるなり、改善するなりして、

現実を生きないと何も良くならないよ。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事