頑張らなくても大丈夫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不幸になりたがる人たち。そんな人とは距離をおこう!

人生

f:id:c-sakuranbou:20161122083917j:plain

幸せになりたくない人っていますよね。

えっ? そんな人いるわけないだろ!

誰もがみんな幸せになりたいと思っているよ!

と思われた方、それがね、

実際に幸せになりたくない人っているんですよ。

それどころか、自ら好んで不幸になっているんです。


いつも自分の不幸な話をする人を見たことありません?

愚痴しか言わない人、身近にいません?


そういう人ってね、「そんなことないよ」

「頑張っているじゃない」と、

同情して欲しいんです。

かまってもらって、注目を浴びて、

自分が作り上げた物語に酔いしれたいんです。


彼らは、汗をかくこと、積み重ねることを放棄し、

最も簡単な手段で「特別意識」を満たしているんですよ。

だから彼らは自ら不幸になることを

選択している破滅願望の持ち主なんです。

自分の意思で不幸になることを選択し、

不幸であることに心地よさを感じているんです。


そんな人は相手にしないのが一番です。

もちろん同情なんてする必要はありません。

聞き手がいるから、彼らは物語を語ります。

不幸に酔いしれ、物語から抜け出せないでいます。

聞くだけ時間の無駄、

あなたの時間が無駄に消費されるのがもったいないです。

 

それにね、自分の不幸話が好きな人、

愚痴が好きな人といると疲れるでしょ。

ぐったりしません?

基本的に私が一番(不幸)の人たちで、

人の話を聞かないのでアドバイスするだけ無駄ですから。

ほんと彼らには関わらない方がいいですよ。


彼らは自分自身で気が付くまで何を言っても聞きません。

同情すればするほど、

彼らのしていることに加担することになるので、

彼らは益々抜け出せなくなります。

 

放置する、無視するのが一番です。

「あああー飽きずにまた言ってるよ」と思って距離をおきましょう。

目を覚ましたときに、

また付き合いを再開すればいいんですよ。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事