MAKIの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルで心は癒せない!自分のことは自分で癒せる。誰にでも高い自己治癒力が備わっている!

f:id:c-sakuranbou:20170110083850j:plain

心がしんどいとき、心が痛いとき、

そのときに人って、

案外生きている実感を味わっているものなんですよね。

そして人として成長していってるんですよね。


そりゃ物事には程度がありますから、

物凄い「激痛」だった場合には、

その激痛に飲み込まれて、

生きてる実感、成長している実感なんて

感じる余裕はないでしょうが、

大概の場合はそこまでじゃないですよ。


「痛み」を怖がると、ちょっと「チクッ」としただけで、

「いったーい!!! もう嫌だー!」

と大げさに痛がってしまうんです。

生きてくのは「痛いもの」「苦しいもの」

と覚悟を持てば、大概の痛みは

「まあ、こんなもんか」となりますよ。


その痛みがあるから、人は成長するんですよ。

心が逞しくなり、また柔軟にもなるんです。

その痛み、苦しみというのは、心の成長痛です。

激痛にしたって、時間が経てば痛みは弱まり、

心は回復していきます。


痛みを怖がらないでください。

スピリチュアルなどの安易な手段で

心の痛みを癒そうとしないでください。

スピリチュアルでは癒せません。

スピリチュアルは麻薬です。


本来誰でも高い自己治癒力があるのに、

スピリチュアルに頼ることで、

その能力が発揮されなくなるんです。

心を麻痺させているだけで、患部は確実に腐っていってます。


それどころか、スピリチュアルという麻薬に心が汚染され、

スピリチュアルに依存してしまい、

スピリチュアルに頼らないと生きていけなくなってしまう、

自分の頭で考えられなくなってしまう、

心が、思考がどんどん弱くなってしまうんですよ。


そうやって貴重な時間とお金を無駄にしてしまうんです。

それは人生を無駄に過ごしてしまうことと一緒です。


人は誰でも高い自己治癒力があります。

その力を発揮するには、

人生の痛み、苦しみを受け入れる覚悟を持つことです。

僕はそう思ってます。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事