オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

天使や聖母マリアと繋がってビジネスをしている人へ。それってイエスの教えに反してません?


f:id:c-sakuranbou:20170113224447j:plain

大天使のチャネリングだか、ヒーリングだか、

マリアのチャネリングだか、そんなことをやっている

スピリチュアル商人がいるようですが、

その人は長年クリスチャンだったんですかね?

聖書の一節言えるんですかね?

日々のお祈りは欠かさず、教会に行ってるのかな?


先進国で豊かな日本よりも、

貧困にあえぐ発展途上国の人たちを救った方がいいのに、

なんで大天使やマリアはこの豊かな日本の日本人にメッセージを送るの?

なんでキリスト教が根付いてないこの国で、

彼らはメッセージを送り人を癒すの?

 

発展途上国の中には、

敬虔なクリスチャンが大勢いる国だってあるんだよ。

日本では考えられないような貧困で苦しんでいる人たちだっているよ。

その人たちは助けないの?


優先順位間違ってるでしょ。

それでやってることは、チャネリングセッションだ、

パワーストーンの販売だって。

ビジネスじゃん。

やることずれてね?


もしさ、本当にそうした存在いて、つながっているのなら、

自ら進んで苦しんでいる人を助けるのものだと思うよ。

それなのに、苦しんでいる人は金払ってこれ受けろ、

これを買って身につけましょうって・・・。


自分からは助けに行かないんだ。

苦しんでいる人から金を取るんだ。

お金を払わないと助けないんだ。

せっかく貴重な存在とつながっているのに。

使命感よりもお金なんだ?


つながったら、

「よし!ビジネスをしよう!」

「よしチャネリングセッションをしよう!」

「パワーストーンを販売しよう!」

そういう発想しかできなかったの?

あの〜人を助ける気あるの?

メッセージを広める気あるの?

 

12使徒にしろ、聖人にしろ、天啓を受けたら、

教えを広めるため無償で活動していたと思うんだけど。

そうした伝道活動がキリスト教じゃないの?

それがなんでビジネスありきなの?


ビジネスが悪いわけじゃないよ。

なんで人を助けることに対して自発性がないのか聞いてるの?

なんでお金ありきなのか、

そこでビジネスをするのかって聞いてんの?

ねえ、なんで?


イエスがさ、神聖な神殿で商売している商人たちにブチ切れて、

「おめえら、ここで商売すんなー!」

とムチを振り回して彼らを追い払った

バイオレンスなエピソード知ってる?

大天使やマリアと繋がっているほど人なら、

当然知ってるよね?


てことは、スピリチュアル商人にメッセージを送る大天使やマリアは、

イエスの教えに反して、商人に加担していることになると思わない?

大天使やマリアはイエスと考え方違うの?

それとも考え方を変えた?


ねえねえ、本当に大天使と繋がってる?

聖母マリアと繋がってる?

それを証明できる?

証明出来ないんだから、言った者勝ちじゃね?

 

大天使やマリアはスピリチュアル商人と

繋がっても何のメリットもないと思うんだけど。

むしろイメージダウンでしかないよ。

だってさ、彼らの教えに反することをしているでしょ。


あのさ、へんなのと繋がってるんじゃね?

ていうか、それ妄想でしょ。

天使やマリアをビジネスツールとして利用しているだけでしょ。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

引き寄せの法則は嘘!願うだけでは何も変わらない!

不安が強くなりスピリチュアルに頼りたくなったときの対処方法とは?

インナーチャイルド(アダルトチルドレン)は癒せません!

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
自分はぜったいにだまれさないと思ってるあなた。
巧妙な手口で私たち一般人を狙う、悪徳占い師、霊能者、オレオレ詐欺グループ。
彼らはどのような手口で、近づき、心の闇に入ってくるのか?
被害者救済の第一人者が「だましの手口」を徹底告発!さらに、その対策をわかりやすく解説する。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場