頑張らなくても大丈夫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どの口が言ってんだ?スピリチュアル商人や自称覚者って、自分のことを棚に上げて批判してきますよね!

スピなお話 人生

f:id:c-sakuranbou:20170128113704j:plain

あなたはあるがままで大丈夫、

そのままでいいの!

とスピリチュアル商人や自称覚者はよく言います。


てことは、僕は今のままでいいんですよね?

今のようにスピリチュアル商人を批判し、

自称覚者を批判し、

スピリチュアルのおかしなところを指摘してもいいんですよね?


でもそれをやられると、スピリチュアル商人や、

真理オタク、自称覚者は嫌なのようで、

「そんなの悪口ですやん!」

「ジャッジする必要はない!」

なんて言って、僕の「あるがまま」を否定してくるんですよ。

ひどいですよねー。


もう耳にタコが出来るくらい聞きましたよ。

僕は「スピリチュアルはおかしいですやん!

悟りなんてクソの役にも立たないし、

情報弱者や心の弱った人間をターゲットに、

甘い言葉で誘導して、

高額の情報商材ビジネスをしている人間なんて、

人として問題ありだろ!」

と言ってることを「悪口ですやん!」と

レッテルを貼って、僕の悪口を言ってるくるんですよ。

 

えええ?! いいも悪いもないんでしょ。

全て必要なことが起こってるんでしょ。

それなのに、それなのに・・・なんでジャッジはするな!

と言いながら、僕をジャッジするんですか?

「悪口を言ってる!」と言うけど、

それは僕からすると僕の悪口にしか聞こえないんですけどー。


現実とは、映画のスクリーンみたいなもので、

そこに自己を投影し、

物語に感情移入するから苦しいんですよー!

なんて言ってるくせに、

不愉快なことが起こると、

おもいっきり感情移入して、

目の前の現実に(スクリーンの出来事に)翻弄されて、

人の悪口を言い、人をジャッジしてるじゃないですか。

 

よくまあ、自分のことは棚に上げて言えるな、

どの口が言ってんだ?!

と思いますよ。


普段言っている観客の視点、達観した視点に立ててないという。

スピリチュアルの世界は口だけ番長が多いですね。

そしてファンタジーの世界、真理の世界に逃避して、

社会性がない人も多いですね。

 

社会と分離して、役に立たないことばかりを言って、

悦に入っているスピオタ、真理オタ。

あまりに痛い人たちです。


ジャッジだって批判だってする必要あるでしょうが。

悪いものは悪いんだから。

おかしなものはおかしいんだから。

そうやって指摘されて、改善していくんじゃないの?

人も社会もよくなっていくんじゃないの?

 

スピリチュアルや真理のキラキラふわふわした言葉に慣れて、

何でも肯定してくれる仲間や信者がいて、

批判に対する耐性がないんだろうね。

メンタル弱すぎじゃね?

何のためにスピリチュアルや真理をお勉強したの?

いったい何を悟ったの?

何一つ役に立ってないだろ。

 

てことで、無様にトチ狂うスピリチュアル商人や

自称覚者を見るため、

これからもガンガン記事を書いていきたいと思います!

 

スピリチュアルのおかしさに気がついた方は、

早く卒業してくださいね!

このブログからも卒業してください♪

そして自分の力で人生を切り開き、歩んでいきましょう!

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事