オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

スピリチュアルが大好きな皆さん、いつまでスピリチュアルに逃げ続けるの?人生を棒に振るつもりなの?


f:id:c-sakuranbou:20180914100817p:plain

相変わらず、甘い甘い言葉が

スピリチュアルの世界には氾濫していますね。

あるがままでいい。

努力したら疲れるから、そんなことはやる必要ない。

やりたくないことはやらず、

好きなことだけをしていけばいい。


そんな甘い言葉を真に受けて、

怠惰な自分を慰めて、

癒された気になって、

世の中のことをわかったつもりになってる人が

スピリチュアルの世界には多いですね。

多いというか、そんな人ばかりです。


世の中の常識とは外れた、

スピリチュアルのインチキな知識を得たことで

勘違いしちゃって、

特別意識を持っちゃってるんですね。


こいつらバカじゃないか!

と心から思います。

そして心から軽蔑しますね。

子どもがいる人だっているでしょうに。

いい大人が無責任なことを言って

恥ずかしくないんですかね?


生きてりゃ、やりたくないことを

精一杯やらなきゃならない時期があるでしょうが。

その時は苦しさでいっぱいでわからないと思いますが、

後になると、その時の経験が最も自分を成長させた、

と思えるんですよ。


実際そうでしょ。

その時に最も心の体力が身につくんですよ。


だからと言って、

ブラック企業や超ワンマンなクソ上司の元で働けとか、

鉄の意志で何が何でもやり抜き通せ!

死ぬほど努力しろとは言いませんよ。

ただね、すぐに甘い言葉に逃げるなよ!

と言いたいんです。


やってないでしょ。

すぐに泣きを入れて逃げ出してるでしょ。

スピリチュアルにはまっている人間というのは、

努力のレベルがものすごーく低いですからね。


ちょっと嫌なこと、しんどいことがあると、

「自分らしくなーい」

「もうこれからは好きなことだけをしていく時代なのー」

「努力、義務、犠牲なんて古い価値観から卒業しなきゃー!」

と言って逃げ出す人が多いです。

で、結局なにも成長しないんですよ。


怠惰な自分を受け入れてくれる、

甘い言葉を言ってくれる

スピリチュアル商人を探し求めて、

そんな人がいると、

「この人はわかっている」

「悟った人だ!」

「素晴らしいヒーラーだ!」

「ヒーラーズ、ヒーラーだ!」

と思ってしまうんですね。


あのさ、逃げ続けてばかりいるあんたが

人を見る目があると思っているところが痛いよ。

あんた程度の人間が気にいる人間なら、

全然たいしたことないだろ、

むしろその人はダメ人間だろ、

と僕は思うんですけどね。


いつまでも甘い言葉に逃げ続けると、

心が肥え太っていきますよ。

どんどん醜くなっていきます。

スピリチュアル商人のように、

無駄な人生を送ることになりますよ。


そうはなりたくないと思った方は、

スピリチュアルなんか早く卒業して、

社会に目を向け、

自分の人生としっかり向き合って生きることです。

その方が確実に人として成長するし、

人生が面白くなります。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

スピリチュアルあるある76選!スピ系にはこんな人がほんと多い!

スピリチュアルや自己啓発セミナーにハマっている人の特徴!

スピリチュアル、新興宗教、自己啓発セミナーで人を洗脳するときに使う手法とは?

常識や教養がある人は、独学で勉強したからといって心理カウンセラーは名乗らないよ。

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
自分はぜったいにだまれさないと思ってるあなた。
巧妙な手口で私たち一般人を狙う、悪徳占い師、霊能者、オレオレ詐欺グループ。
彼らはどのような手口で、近づき、心の闇に入ってくるのか?
被害者救済の第一人者が「だましの手口」を徹底告発!さらに、その対策をわかりやすく解説する。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場