頑張らなくても大丈夫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチュアルビジネスで成功を夢見ている方へ!バカな考えは捨てて、社会に根付いた仕事をしましょう!

スピなお話

f:id:c-sakuranbou:20170219132247j:plain

強欲で精神の飢餓感が強い人たち、

それがスピリチュアル商人です。

ヒーラーだの、スピリチュアルセラピストだの、

占い師だの、霊能者だの、覚者などを自称し、

スピリチュアルでビジネスをしている人たちです。


彼らは自己顕示欲と承認欲求が強く、

常に人から賞賛されたいと思っています。

賞賛されたいがために、

ヒーラーだ、霊能者だ、私は悟った!

と自称しているんです。


それって強烈な心の飢餓感からくるものだと思います。

穏やかな人間であることを装い、

心の平安を説いていますが、

実際には心はまるで穏やかではないんです。

わかったようなことを言ってはいますが、

自分の力で心を満たすことが出来ないんです。


だから他者からの賞賛が欲しいし、

多くの人に認めてもらいたいと思ってるんですよ。

心が常に餓え続けている餓鬼のような状態なんですよ。

心が満ち足りていたら、多くのものは必要ないですからね。


それでいて、彼らは強烈な金銭欲がありますから、

セッション、セミナー、講演会を開き、

情報弱者から高額のお金を吸い取っているんですね。

それはまさに人に寄生する寄生虫のようでもあり、

血を吸い取るヒルみたいなものです。


優しさを装いながら、

やってることはあまりに「えげつない」と思いますよ。

本人たちが、使命感をもってやっているところを見ると、

痛々しさを覚えるのと同時に、

この人たちは、

何かに取り憑かれているいるんじゃないか?

もしくは本当にバカなんじゃないか?

と心から思います。


ここまでいったら、抜け出すのはなかなか難しいでしょうね。

スピリチュアルビジネスでの成功を夢見ている人がいたら、

「そんなのはやめましょう!」

と言いたいですよ。

「もっと社会に根付いた仕事をしましょうよ!」

とも言いたいです。


スピリチュアルでビジネスなんかをしたら、

心が満たされることのない餓鬼になり、

スピリチュアルの世界(地獄)をさ迷う亡者になりますよ。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事