貧困は遺伝する!でもそれは自分の力で克服出来る!貧困から抜け出すことが出来る!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170317085453j:plain

最近、「貧困の連鎖」が社会問題化しています。

親の年収が低い、親の学歴が低い家庭で育った子は、

同じように貧困になるケースが多いことから、

そのことを「貧困の連鎖」と言っています。

 

貧困は遺伝である!

貧困の連鎖の原因としては、

ざっくりと言うと、

貧困家庭に育った人は、

満足なしつけや教育が受けられず、

学力や自己肯定感が低いがために、

社会生活を営む上でマイナス面が多く、

貧困に陥るのだと言われています。

 

確かにその通りだと思います。

ようは親から子へ、

「貧困の思考や貧困に陥る生活習慣」が遺伝するんです。
※厳密にいうと遺伝というより影響を受けるわけですが。


こちらの記事にも書きましたが、

c-sakuranbou.hatenablog.com

 貧困層ほど、向上心を持たず、

享楽的に生きてますし、怠惰に生きています。

貧困に陥るべくして陥っているんですよね。

ようは自業自得というわけです。

 

貧困からは抜け出すことが出来る!

で、そうした「貧困の思考や貧困に陥る生活習慣」が、

遺伝すると気が付いている貧困家庭の人はまだいいです。

そういう人は、這い上がることが出来ますから。


ただし、親のせいにせず、

「遺伝している」と気が付いて、

自分を改めようとしている人に限りますけども。


生活習慣を見直し、

自分を高めるために勉強をすれば、

抜け出すことが出来ますからね。

早熟な人は10代の頃に気が付いて、

勉強をして貧困思考から抜け出す人もいます。


貧困の思考からは、

その気になれば誰でも抜け出すことが出来るんですよ。

そして貧困からも抜け出すことは出来るんです。

 

カルマなんかじゃない!

スピリチュアルにはまっている人は、

「貧困の思考や貧困に陥る生活習慣」

カルマ(前世からの業)などと言ってますよね。

ようは自分の問題点をカルマのせいにして、

見ようとしてないんです。


そのカルマの浄化・解放のために、

瞑想をしたり、ヒーリングやセッション、

セミナーを受けたりしていますが、

全然見当違いなことをしているってわかりますよね。

 

なぜ自分に責任がないと思って、

人の力、不思議な力に頼って、

解決を図ろうとするのでしょうね?


問題はカルマなんかじゃないですよ。

そうやってすぐに人のせいにして、

楽な方に逃げて、

現実的な手段で解決を図ろうとしない、

自分の力で克服しようとしない、

その「貧困思考」が問題なんですよ。

それが「貧困」の原因です。

生きづらさの原因です。

 

まとめ

貧困の思考は遺伝します。

それはどんなに親を嫌っても、

その親の影響を子は受けてしまうんですよね。

で、親を恨んだところで、解決なんかしないんです。

 

受け継いでしまったことを認め、

親のせい、社会のせい、カルマのせいにせず、

いま自分に問題があると強く認識し、

自分の行動、思考を現実的な手段で改善していけばいいんですよ。

そうすることで、人間的に成長し、

貧困から抜け出すことが出来ると思います。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事