MAKIの日記

社会人として一緒懸命に生きている人の方がスピリチュアルな人が多いよね!

f:id:c-sakuranbou:20170404085739j:plain

仕事に凄く打ち込んでいる友人知人が何人かいます。

彼らは、綺麗事ではなく、

世の中を良くしたい、

お客様にいいものを提供したいと本気で思っているんですよ。

 

お金のために働いているわけではない

お金はそのための必要なツール。

必要だから稼がなければならないけども、

お金のために働いてはいないんです。

社会を良くしたい!

この命を燃やし尽くして生きたい!

という強い思いが活動源なんです。


だから土日関係なく働いているし、

いつ休んでるの?

と思えるほどです。

とにかく社会人として一所懸命に生きているんです。

僕は彼らに早く追いつきたいと思ってます。

 

社会人として懸命に生きている人の方がスピリチュアル

でね、彼らはスピリチュアルには全く興味がないんです。

悟り、非二元、ヒーリング、チャネリング、何それ? 

怪しいものでしょ。

てな感じです。


でもね、そんな彼らを見てると、彼ら生き様そのものが、

非常にスピリチュアルだなと僕は思うんですよ。

精神性が高いと思うんです。

僕はスピリチュアルという言葉が嫌いですが、

あえて使えばそうです。


瞑想だ、悟りだ、バシャールだ、アシュタールだ、

レイキだ、何とかヒーリングだと言って、

スピスピした人間よりも、

人間性・精神性(スピリチュアリティー)が素晴らしいんです。


社会を懸命に生きる彼らはね、何気なく使う言葉が重く、

「それって真理だよな」

と思えることも多々あるんですよね。

懸命に生きていく中で身につけた「智慧」なんでしょうね。

 

何でスピリチュアルの世界には残念な人が多いの?

でね、長年スピリチュアルの世界を見てきて、

スピリチュアルなことを声高に叫んでいる人ほど、

残念な人な人が多いですよね。

社会人として非常に未熟な人が多いです。


スピリチュアルで人間性を磨いているんじゃないんですか?

精神性を高めようとしているんじゃないんですか?

それなのにどうしてその程度なの?

と思える人が多いんですよ。


娯楽として「ただ消費」しているだけじゃないの?

わかった気になっているだけで、

生活の上での実践経験が恐ろしく少ないから、

その知識は机上の空論に終わっているんじゃないの?

と僕は思うんですよね。


ようはただ「スピリチュアルに逃げた」だけ。

悟りだ、非二元だ、そんなものに逃げただけなんですよ。

 

誰それは霊感が強いだの、誰それは霊が見えるだの、

誰それは悟っているだの、悟ってないだの、

これは真理だの、すべての苦から解放されるだの、

どうでもいいことで優劣を競って、

わかったようなことを言って、幼稚だよな、レベルひくっ!

と僕は思うわけです。


スピリチュアルな知識を身につけるより、

社会人として恥ずかしくない教養を身につける方が大切ですよ。

 

自分の能力を出し切り、命を使い切るつもりで生きましょうよ!

「まだやれたのに・・・」

「あれをやりたかった・・・」

死ぬ間際そんな後悔しないよう、自分を出し切らないと。

 

「人は死なない」とか「私はいない」とか、

そんなことを知るよりも、

人生は一度きり!

自分の命を燃やし尽くそう!

そう思って懸命に生きた方が、

人生は充実するし、人として成長しますよ。

 

出し惜しみしないで、出し切りましょう。

自分を使い切る、命を使い切るつもりで、

生きた方が人生は楽しくなりますって!

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事