普通のことを徹底的にやり込むことが大切ですよ!【成功哲学】


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170406085431j:plain

日本体育大学の岡田隆准教授が、

こちらのサイトでこんなことを言ってまして。

physiqueonline.jp

 

ちょっと長くなりますが引用します。

そうじゃなくて、本当にその人が強くなるために何が必要かを考えたときには、普通のことを徹底的にやるんですよ。これしかないんですよね。筋トレだったらまずはBIG3を徹底的にやるとか。だからそれをやって、やり続けるとというのはとても強い心がいるんですよ。

こっちは、選手にあの先生のトレーニングは普通で、キツくて、つまらないなって思われるわけじゃないですか!! でもそれとずっと付き合っていくっていう心がいるんですよ。
それと、もう一つとても大切なことが、それを選手に納得させられるトレーナーじゃないとダメなんですよ。

ちょっと鍛え方が甘いトレーナーが出てきてそんなこと言ったら、「でもお前やってないやん。」ってなるんですよ。教える側が本気で筋トレをしないんですよ。選手だけでなく監督やコーチもそれこそ、元日本代表だったり、国際大会で勝ってきているかなりの場数を踏んできて人たちが現役を退いてその役についてるので、ぬるいトレーナーが来たら、そんな話本気で聞かないんですよね。ただ、教科書覚えて、そのまま言っているのと同じだから!!

だから、トレーナー側の問題は、知識が無いわけじゃ決してなくて、それを相手に伝えるだけの説得力が無いんですよ。だから、目新しいものに逃げるんですよ。ガリッガリでも分けわかんないトリッキーなものをやったら、「あっ見たことないわ。なんか凄そうだわ。」って現場の先生達は思うんですよ。なんか新しいものを持ってきてくれたなって。それで許されるんですよ。

いや〜〜〜〜〜違うでしょって話ですよね(笑


BIG3とはベンチプレス(胸)、デッドリフト(背中)、スクワット(脚)のこと。

ウエイトトレーニングにおいて最も大切な種目と言われています。

 

普通のことをやりこむことが大切

そうなんですよねー、普通(基本)を、

当たり前のことを徹底的にやりこむことが大切なんですよね。

それが出来てなくて、最初からトリッキーなことに走る人って、

ほんと多いですね。


僕もね、そういう時期がありました。

それって「普通(基本)」から逃げていただけなんですよね。


例えばね、僕は空手をやってましたが、

結構トリッキーな技を出せたんですよ。

柔軟性がありましたから。

 

でね、基本的な技をおろそかにしていて。

普通に真っ直ぐパンチを出す、真っ直ぐに蹴りを出す、

そうしたシンプルな技のクオリティを上げることを

おろそかにしていましたね。


で、シンプルな技の方が試合においては有効なんですよね。

トリッキーな技って、軽い組手の中でなら出せますし、

相手に当たりますが、本気で殴り合う試合では、

かなり練習しないと出せないし当たらないです。

途中で基本的な技をおろそかにしていることに気がついて、

シンプルな技を磨くようにしましたね。

 

ダメな人ほどトリッキーに走りたがる!

トレーニングにおいても、岡田先生が言うように、

普通のことをやるのがまず大切なんだと言うのは、

本当にその通りだと思いますよ。


ジムに行くと見かけるんですけどね、

トリッキーなことを教えているパーソナルトレーナーほど、

「体」に説得力がなかったりするんですよ。

ほんとそう。

それ普通の体型じゃん!

と思える人とか、

ちょっと太りすぎじゃない?

と思える人が多い気がしますね。

その体で何を教えるの?

と思ってしまうんですよ。


知識はあるのでしょうが、

体を通しての実践力(経験)が少ないし、

今の体に説得力がないのだと思います。

その説得力の無さを誤魔化すために、

トリッキーに走るという悪循環。

 

僕は一生実践者でありたい!

これって何も空手やトレーニングに限らずのことだと

僕は思うんですよ。

スピリチュアルや宗教の世界においても、

頭でっかちで知識だけは立派だけども、

実践経験の乏しい人は大勢います。

 

パーソナルトレーナーで言ったら、

ガリガリに痩せているか、太っているか、そんな人たちです。

体に説得力がないように、性格や生き方に説得力がないんです。

むしろ問題があるんですよ。


で、そういう「非実践者」がチヤホヤされるのが、

スピリチュアルの世界であり、宗教の世界なんですよね。

それって違うくね?

と思うんですけども。


僕は普通のことをしっかりやり込んでいきたいと思ってます。

そして常に社会という実践の場に身を置き、

自分を向上させていく実践者であり続けたいとも思ってます。

口だけは達者なスピーカー、

知識は豊富だけど経験が乏しい理論家、

そんな非実践者にはなりたくないですね。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事