MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

結果が出ない人は意識に問題がある!【成功哲学】


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170408134258j:plain

ジムに通っている人を見ると、

ダイエット目的にしろ、

筋トレが目的にしろ、

何ヶ月、何年経っても

体型が変わらない残念な人がいるんですよね。


統計を取ったわけではないので、

僕の感覚でしかないのですが、

半数以上は結果が出てないんじゃないかなと思います。

結果を出している人は多くて3分の1くらいのような気がするんです。

 

意識の差が結果の差に繋がる!

なぜそうなるのか?

それはダイエットのやり方、筋トレのやり方に

大きな問題があるのが第一。

知識が圧倒的に不足しているわけです。

そして、それと同じくらい大きな問題が意識の差なんだと思います。


結果が出ていない人って、

ジムに通えば痩せられる、ジムに通えば筋肉がつく、

と自分でどうにかするのではなく、

ジムがどうにかしてくれると思っている気がします。


ジムに通うのが目的になってしまっているんですね。

それだと惰性で通うことになるんです。

自分でどうにかしようという意識が低いんですよ。

ジムはどうにもしてくれません。

どうにかするのは自分です。

 

そんなの当たり前ですよね。

言葉にするまでもないですよね。

でもね、結果を出せてない人って、

そんな当たり前のことに気がついてないんですよ。

 

自分の力で成長しようと思うことが大切

結果を出している人というのは、

ジムはあくまでもトレーニングの場であり、

「自分の力」でどうにかしよう、

「向上しよう!」という意識が強いです。


だから情報を収集し勉強をするし、

食事を改め、生活スタイルを改め、

結果が出来るだけ早く現れるために努力をするんですよ。

最初はそれが辛いかもしれませんが、

慣れてくるとむしろそれが普通になります。

怠けるのが嫌になります。


ジムに通えばどうにかなると思うか、

ジムに通って自分の力で成長しようと思うか、

言葉にすると微妙な違いのような気がしますが、

この意識の差は大きいと思うんですよね。

 

でね、何もこれはダイエットや

筋トレに限ったことではないと思います。

「あれ」をやればどうにかなる、

「これ」をやればもっとうまくいく、

じゃなくってね、

あくまでも「それ」はきっかけであって、

どうにかするのは自分なんです。


自分でどうにかするという意識を持たない限り、

どんなに素晴らしいものでも役に立たないと思います。

結果は得られないでしょうね。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事