成功者が言う「運が良かっただけ」は本当なのだろうか?【成功哲学】


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170419084711j:plain

いわゆる成功者と言われる人を見ると、

「運が良かっただけ」

という人がいます。

本当にそうなのでしょうか?

 

謙遜している気がするんですよね。

確かに運が良かった部分はあるのでしょうが、

「それだけ」ではないと思うんですよ。

 

運を掴むには、掴みに行ける態勢でなければならない!

まず、運を掴むには、常に掴みに行ける

態勢でいなければならないと思うんですよ。

ドテッと座っていたり、寝転んでいたりと、

掴みにいく態勢じゃなかったら、動きが遅くなります。

初動が遅くなります。

常に掴みに行けるように、

スタンばってないといけないと思うんですね。


またそれが運だと、今がチャンスだと

見極める目が必要だと思うんです。

普通の人なら見逃してしまいそうなことも、

見極める目があるからこそ、

運を掴みに行けるわけだし、

今がチャンスだと気がつけるわけです。

 

運がいい人は常に自分を磨いている!

結局、運がいい人というのは、

運を掴むために常に自分を磨いている人、

運を見極めるために、その目を磨いている人なんですよね。

運を掴むために、日々努力しなきゃ運は掴めないですよ。


運が良かったと言っている成功者は、

そうした日々の努力、

積み重ねを努力だと思ってなかったりするんですよね。

彼らにとってはごくごく当たり前のことをしているだけ。

だから「運が良かっただけ」と言うのだと思います。

 

日々の努力が運気を上げる!

彼らの「運が良かっただけ」を真に受けて(曲解して?)、

成功するには運なんだー!

努力なんて必要ないんだー!

思ったら、人生を棒に振ることになると思いますよ。

楽して儲けようと、引き寄せの法則や、

スピリチュアルなメソッドにはまったら、

時間とお金を無駄にすることになりますよ。


日々、積み重ねていく。

考えながら、改善しながら積み重ねていく。

それが運を掴むコツだし、

運気を上げるコツだと僕は思います。

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事