瞑想よりも心にいいのが筋トレです!筋トレで心と体を鍛えましょう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170514143820p:plain

瞑想をするとセロトニンというホルモンが分泌されるそうです。

セロトニンには「精神を安定させる」「心を穏やかにする」

作用があると言われており、

このことから「幸せ物質」とも呼ばれています。


こうした効果があることから、

心のリフレッシュとして瞑想を勧める人がいますが、

その程度の効果で人に勧めんなよ!

と僕は思ってしまうんですよね。

 

瞑想は非効率!

何十分も座って、セロトニンが出て、

ちょっと心が落ち着いてって・・・。

効率悪すぎじゃないですか?

時間がもったいないと僕は思うんですよね。

 

なかには何万もお金を出して、

高額な料金の瞑想をしている人がいますが、

この人、バカなのかな?

と僕は思います。

 

瞑想よりも筋トレの方が心にいい!

瞑想よりもはるかに心にいい方法を僕は知ってます。

それは何か?

というと筋トレです。

筋トレは瞑想よりもはるかに心にいいですよ。

心だけでなく、体にもいいですよ。


筋トレをするとセロトニン、βエンドルフィン、

ノルアドレナリン、ドーパミン、テストステロンといった

ホルモンが分泌されます。

 

・セロトニン

 幸せホルモンとも呼ばれ心を安定させる効果がある。

・β-エンドルフィン
 高揚感、多幸感などが得られる。
 肉体的苦痛を取り除く、痛みを緩和させるなどの効果もある。

・ドーパミン
 ワクワク感、高揚感、達成感が得られる。
 ドーパミンが不足するとパーキソン病を発病すると言われている。

・ノルアドレナリン
 集中力が高まる。思考や意識の活性化を促す。

・テストステロン
 意欲の増加。性欲の増加。筋肉を増やす。

これだけのホルモンが分泌されるんですよ。

頭が良くなり、気分も良くなり、健康になり、

アンチエイジングにも効果がるのが筋トレです。

 

その効果は瞑想の比ではありません。

20分、30分瞑想をするよりなら、

その時間を筋トレに当てた方が心にも体にもいいですよ。

その方がはるかに効率的です。

 

脚トレをしよう!

筋トレをするとしたら、大きな筋肉から鍛えていきましょう。

人体の中で一番大きな筋肉はどこか?

というと「脚」になります。

体の7割の筋肉が脚にはあると言われています。


筋トレは苦手!

という人でも脚だけでもいいから鍛えてみてください。

皆さんご存知のスクワットでもいいのですが、

僕がオススメするのはブルガリアンスクワットです。


ブルガリアンスクワット


足幅を狭く取ると太ももの前部である大腿四頭筋に効き、

広く取ると太ももの後部であるハムストリングスと

お尻の筋肉である大臀筋に効きます。


脚トレは非常にエネルギーを消耗するので、

ダイエット効果もあります。

痩せたい!

お腹を引っ込めたい!

と思っている方は、ジョギングを1時間行ったり、

腹筋を何回も行うより、

このブルガリアンスクワットを毎日行った方がいいですよ!

ジョギング、腹筋というのは、効率の悪い方法ですから。

ジョギングが好きなら、それでいいとは思いますが。


筋トレは初心者は左右10回〜15回の3セットから始めてみてください。

インターバルは1分以内です。

 

筋トレは瞑想よりも心にいい影響があります。

体には瞑想など全く及ばないほどの効果があります。

瞑想よりも筋トレです!

筋トレをしましょう!

 

人気ブログランキングへ

 

関連記事