仕事の能率を上げたかったら炭水化物を摂るのをやめよう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170709121452j:plain

仕事をテキパキとやりたいと思いません?

テキパキとやって、定時に帰って、

家族との時間、自分の為の時間を過ごしたいと思いません?


でもね、疲れが溜まっているのか、

眠いし、だるいし、仕事が捗らないってことありますよね。

それって、疲れのせいだと思っています?

それだけじゃない可能性の方が大きいんですよ。


じゃあ何が問題なのか?

と言うと、それはね、食事です。

炭水化物を摂りすぎているから、

だるくて、眠くて、仕事の能率が落ちてしまうんですよ。

それで遅くまで残業する羽目になってるんです。


たとえば、ランチにご飯だの、パスタだの、

ラーメンだのを食べた後って、

その1、2時間後、強烈に眠くなりますよね。

だるさを覚え、仕事どころじゃない!

という人も多いと思います。


これはなぜ起こるのかというと、

炭水化物の摂りすぎが原因なんですよ。

炭水化物を摂ると血糖値が上がります。

その血糖値を下げるために、

脾臓からはインスリンが分泌されます。


そのインスリンが血糖値を下げるのですが、

大量に分泌されるため、

正常値以下となり、低血糖の状態になります。

その低血糖の状態が眠気とだるさの原因です。


仕事をバリバリやりたかったら、

炭水化物を摂らなければいいんです。

僕はお昼に炭水化物は一切摂りませんよ。

あのだるさと眠気が大嫌いなので。

確実に仕事のパフォーマンスが落ちますからね。


脳はブドウ糖(炭水化物)しかエネルギー源に出来ないので、

炭水化物を摂らないと機能が低下する!

といったことを言う人もいますが、

そんなことはありませんよ。


体(脳)は、糖が枯渇すると、

体内の脂肪から分解したケトン体をエネルギー源とします。

なので、何も問題がありません。

それどころか、脂肪がより消費されやすくなります。

 

実際、僕は炭水化物を摂らなくなってからの方が、

調子がいいですよ。

食後の強烈なだるさと眠さがなくなり、

仕事のパフォーマンスは向上しています。

 

炭水化物を控えて、

たんぱく質とそして良質な脂質を摂る!

すると、食後のだるさや眠さがなくて、

仕事を効率よく進めることが出来ます。

会議中の眠気だってなくなりますよ。
※ちなみに僕はオリーブオイルを摂っています。


てことで!

仕事をバリバリこなすビジネスマン、

キャリアウーマンになりたかったら、

炭水化物を控え、

たんぱく質中心の食事に切り替えましょう。


食事が変われば、体が変わり、脳も変わります。

そして人生も変わりますよ!

 

人気ブログランキングへ