オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

スピリチュアルの世界は、どうしようもないバカばかり!


f:id:c-sakuranbou:20170712083331j:plain

「人をバカする人はバカ」

と成功哲学のブログランキングで

吠えている人がいます。


>なぜなら、人を馬鹿にする人というのは、ズバリ!“バカ”なんです。

ということだそうです。

「じゃあ、あんたもそうやって

バカだと言う人をバカと言ってるんだからバカだよね!」

と思った今日この頃なのでございます。

 

でね、バカにされたとしたら、

それは両親や兄弟、親戚、親しい人全員が

バカにされたと同じなんだそうですよ。

話が飛躍しすぎだろ・・・。


話が飛躍しすぎるのは、筋道立ててものを

考えられない人の特徴なんだよね。

まったく、バカじゃね?


そしてね、人をバカにする人のことは、

心の中で、

>「ああ、この人バカでかわいそう」(笑)

と思ってあげた方がいいそうですw


口に出さなきゃいいの?

口に出そうが、出すまいが、軽蔑してるんだろ。

バカにすると波動に悪いんだろ。

 

だったら、口に出そうが、出すまいが、

思った段階で同じじゃないの?

波動の理屈で言ったらそうでしょ?

そんなことにも気がつかないの?

バカでかわいそう・・・。


でね、さらに言うには、

人をバカにする人は小心者なんだそうですよ。

あのさ・・・自分で言って気がつかないのかな・・・

ブーメランで言葉が全部自分に返ってきてるって(笑)

それに気がつかないほどバカなの?


バカはいるよ。

どうしようもないバカはいる。

改善の余地のないバカは世の中にいるから。


そんなバカに関わって被害にあわないよう

警鐘を鳴らすためにも、

バカのことはバカと言った方がいいんだよ。


このブログ、成功哲学のカテゴリーにいますが、

言ってることはスピリチュアル。


スピリチュアルの連中は、

自分が批判されることを恐れて、

批判をする人は理解が低い!

とか言うけどさ、

バカというやつがバカ!

も同じだよね。

バリア張ってるんだよ。


そうやって、自分の矛盾点や問題点を

指摘されるのを防ぎ、

自分を高く見せたいんだろうね。

やることが姑息なんだって。

 

スピリチュアルでは、本当の意味で

成功することなんて出来ないよ。

心の安らぎを得られることもないし、

社会的に評価されることもない。


スピリチュアルに関わると、

常に賞賛とお金を欲しがり、

もっと欲しい、もっと欲しいと飢餓状態に陥るんだよ。


スピリチュアルで収入を得たかったら、

心が弱った人や、情報弱者を騙して、

信者ビジネス、依存症ビジネスを始めて、

クライアントを人間ATMに仕立てて、

金儲けするしかないんだよ。


それが真の成功と言えますかね?

真の成功というのは、本人も幸せになるし、

お客さんも幸せになるし、社会も良くなるものだよ。

それが真の成功じゃないですかね。


スピリチュアルってのは教祖様の一人勝ち。

スピリチュアルリーダーの一人勝ちなの。

お金と賞賛は教祖様だけに集まって、

信者はお金と時間を奪われていくだけ。

で、まともな人からはそんな教祖は軽蔑されるだけ。


まっ、スピリチュアルなんてのは、

バカのやるものですからね、関わらない方がいいですよ。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

スピリチュアルや自己啓発セミナーにハマっている人の特徴!

スピリチュアルあるある76選!スピ系にはこんな人がほんと多い!

低脳ほどスピリチュアルにはまります!自分がバカであることを認め、現実的な手段で成長していきましょう!

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
信じる者は救われぬ。スピリチュアリティ(神霊・心霊)を騙れば簡単に金儲けはできる。
ほんの少しだけ「不安」を煽り、安易な「癒し」を差し出せば判断能力は歪められ、人は喜んで搾取され続けるのだ。
その危険性について現代人はあまりに無防備である。
神世界、統一教会、テレビ霊能者から仏教、神道、キリスト教など既存の宗教まで、霊と金、宗教と経済の関係を対応させながら現代社会を鋭く読み解く意欲作。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら