「お金儲けは汚い!」と言う人は卑屈。


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170724080553p:plain

清貧の思想が日本人の心にびっしりと

根を張っているせいでしょうか、

お金を儲ける、お金を稼ぐ、という言葉に、

ネガティブなイメージを持つ人が多い気がします。


何でお金を嫌うんですかね?

お金によって、社会が回っているじゃないですか。

お金がないと何も出来ませんよ。

お金は必要不可欠なものですよ。


お金を儲ける!

この言葉にネガティブなイメージがある人は、

自分の時間を切り売りした対価として、

お金を「貰う」という気持ちが強いんじゃないのかな、

と僕は思うんですよね。

 

「貰う」という意識じゃダメなんですよ。

自らの力で「稼ぐ」と思わなきゃ。

「稼ぐ」と「貰う」の意識の違いは大きいですよ。


「貰う」なんて乞食根性、奴隷根性じゃないですか。

そんな考え方だと、時間だけでなく、

人生を切り売りすることになります。

 

奴隷根性だから人生に不自由さを感じるし、

自分の人生を生きている気にならないんです。

身を削り、時間を売る人生って楽しいですか?

僕はそんな人生は歩みたくないですね。


僕はね、お金儲けを毛嫌いする考え方は、

非常に卑屈だと思います。


お金儲けは汚い!

と言っている人は、社会人として能力が低く、

稼ぐことが出来ないことをそんな言葉で誤魔化して、

「いい人」ぶっているだけじゃないですかね。


乞食根性、奴隷根性なんて捨てましょうよ。

人生に対して受け身でいるのやめましょうって。


積極的に社会に関わって、

価値あることを社会や人に提供して、

お金儲けをするんですよ。

奴隷根性を捨てて、

もっと自由に生きましょうよ。

 

MAKIってこんな人

人気ブログランキングへ