オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

【転職】ブラック企業の求人に見られる5つの特徴とは?


f:id:c-sakuranbou:20170724080409j:plain

僕はですね、転職経験が9回と多いんですよ。経験を積み重ねていくうちに、求人の見方というものがわかってきまして。

これはブラック企業だからやめた方がいい!という会社の求人も見分けられますよ。そんな会社に勤めたことがありますからね。

 

目次

 

ブラック企業の見分け方ですが、

●大量採用

●若手が多数、20代でも幹部になれる

●求人サイトに常に求人が載っている

●「圧倒的成長」「ここに仲間がいる」「夢を掴もう!」などキャッチコピーがうざい

●採用があっさり決まる!

といったところは100%ブラックでしょうね。

※なおこちらは新卒採用には当てはまりません。

大量採用

なぜ10名、20名と大量採用なのでしょう?簡単です。次から次へとやめていくので、補充しなければならないからです。ハードワークでやめることを想定しているから、大量に採用するんですよ。 

 

若手が活躍中! 20代でも幹部になれる!

これも大量採用と同じような理由です。やめていくから若手ばかりなんですよ。続く人が少ないから、残った20代が幹部になれるんです。そうした人は社畜根性ですからね、こき使われますよ。

 

求人サイトに常に求人が載っている

これも上の2つと同じ理由です。人が辞めていくから常に求人を出しているんです。求人にいくらお金をかけているんだ・・・と思いますよ。

そんなことするくらいなら、ブラック体質を改めた方が定着率は上がり、それによって仕事の熟練度が上がり、生産性も上がり、採用コストが減ると思うんですけどね。


イケイケ(死後)の会社は、儲け第一主義で社員のことなど考えないのでしょう。

 

「圧倒的成長」「ここに仲間がいる」「夢を掴もう!」などキャッチコピーがうざい

ブラック企業は仕事がハードですからね、続く人は成長できるかもしれません。長時間労働でも、ハードワークでもいい!成長し、稼ぎたい!と言ったことにコミット出来る人は、そこで働いてもいいと思いますよ。

コミット出来ない人は絶対にやめましょう。やたら熱い言葉が求人のキャッチコピーとして載っているところは、経営者が超ワンマンの体育会系だったりします。

「仲間」「夢」とか、キラキラした最もらしい言葉、根性論で社員を縛りつけ、安い給料でこき使うんです。

  

採用があっさり決まる!

 で、ブラック企業は基本的に採用基準が低いです。あっさり決まって、いつから来れます?と聞いてきます。

もしそのとき就業していて、「入社まで1ヶ月かかります」と言ったときに、先方が難色を示したら、そこもブラックと思ったほうがいいです。

 自分の会社がとにかく最優先退社の意思は1ヶ月前に会社に伝えるのが一般的です。

そうした慣習を破ってまで、早く来ることを求めるということは、非常に忙しく、慣習や労基や社会常識なんて守るつもりはない、ブラック体質の会社である可能性が高いです。

 ブラック企業の経営者や役員は、基本的に社員を取り替えの効く、消耗品としか思っていません。

 いかに安く人を使い、儲けるかしか、考えてないんですよ。そんなところに勤めたら、人生を食い物にされてしまいますよ。

 仕事が決まらず、あせって就職をしようとして、ブラック企業に入社してしまったら大変です。会社は慎重に選びましょう。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

昭和思考の企業はブラック!これからどんどん淘汰されていくよ!

会社は「あなた」のことを守ってはくれない!

あなたがいなくても会社は回るから安心して会社を辞めよう!

1つの会社しか知らない人って人間的に未熟だよね!

手書きの履歴書を推奨する会社はブラックだから行く必要ないよ!

 

人生100年時代に突入!
新たな生き方を考えるきっかけになる本です。

Amazonの内容紹介より。
今こそ、自分の人生を生きよう!
「100年人生」の一大ムーブメントを巻き起こした30万部のベストセラー、待望のまんが化。
あなたらしい人生を生きるヒントが見つかる、勇気の書。

Amazonの内容紹介より。
原作・堀江貴文、30万部突破の大ヒットビジネス書『多動力』がついにマンガ化!!
旧態依然としたメーカーに勤める、若手サラリーマン鈴木は代わり映えのない日々を送っていた。
一方、同じフロアには「副業で給料の3倍を稼ぐ」という規格外の先輩・堀口が居た。
そんなある日、会社のビルが全社員ごと突然無人島に転送されてしまう。現在地不明、食料も無い、究極のサバイバル。
鈴木は「多動力」を身につけ、生き残ることが出来るのか……!?

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら