MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

団塊ジュニア世代よ、若者に学ぼう!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170804075156p:plain

僕ぐらいの年齢になると、頭がカチカチに固まって、

新しいモノや新しい流れに対して、

「否定から入る」

人が多いんですよね。


同じように、自分より若い世代の言動に対しても、

「そんなんじゃ通用しない」とか、

「世の中を舐めている」とか、

否定的な人が多いんですよ。


食べてから、うまい、まずいを言えばいいのに、

食べもしないで「まずい!」と言っているという。

食わず嫌いなんですよね。


若い世代の言葉を頭ごなしに否定するってのも、

どうでなんですかね?

それって若さへの嫉妬じゃないんですかね?

 

臆病になって何もしないでいるよりなら、

世の中を舐めるぐらい元気があった方が僕はいいと思いますよ。

世の中を舐めて、ガンガン行動する人間の方がいいでしょ。

若いうちは失敗してもやり直せるし、

傷ついても回復が早いですよ。


年が上ってだけで、上から目線で否定するのって、

心が狭すぎですよ。

彼らを応援する度量がなくて、どうするんですか?


否定から入るってね、

「おっさん化」「おばさん化」の兆候であって、

そのままでいくと、

心がすっかり老け込んでしまうと思います。


心が老け込むと、好奇心、行動力、

チャレンジ精神が減少します。

常に新しいもの、新しい流れが生まれている

世の中に適応できず、落ちぶれていくだけですって。


今の時代の変化の早さってのは、

20世紀の比じゃないんですよ。

2010年代に入り変化の波は加速していますよ。


その変化の波は、これまでの常識を粉々に打ち砕いています。

今までの常識では全く通用しないんです。

むしろいつまでも古い常識に縛られていたら、

生きるのが苦しくなるだけです。


そんな変化の激しい時代に適応しているのは、

僕の世代や上の世代の方々よりも、

間違いなく10代、20代の若い世代です。


落ちぶれないためには、今に適応した

若い世代から謙虚に学ぶ姿勢が大切ですって。


新しいモノ、新しい流れを最初から拒絶せず、

まずは偏見を持たず食べてみればいいんです。

食べてみて、合わなければ、

自分には合わなかったで吐き出せばいいだけですよ。


僕はね、生きるためには、

時代を適応している自分よりも若い人たちから

積極的に学んでいきたいと思ってます。