40代からの人生逆転日記

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

残業が多い社員は無能なので評価を下げるべき!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170810083737p:plain

日本企業のダメなところは、

残業をしないよう努力工夫し、

定時で上がっている人を評価しないところ。


それどころか、就業時間は休憩を多くとり、

ダラダラと仕事をし、

残業タイムになったら動き出して、

不必要な残業をして、

「頑張ってます!」アピールをしている人間を

「一生懸命に働いている!」

「仕事ができる!」と評価するところ。


長時間働くことが評価の対象になっているんですよね。

アホかと・・・。

お前ら無能かと。


どっちが有能かわからないほど、

評価をする人間も「残業信仰」に染まっているんでしょうね。


もう逆にしたらいいじゃないですか。

残業の多い人間は評価を下げる!

とした方がいいんじゃないかな。


だって、そうでしょ。

要領が悪いんですよ。

考えて仕事をしてないんです。

効率、生産性、会社の利益を考えずに

働いているから、仕事が終わらないんですよ。


自己管理能力、マネジメント能力の低さから、

会社からお金を奪い、

害を与えているのが残業の多い社員です。

残業が多い社員は、

利益よりも損失を会社に与えているんですよ。


残業自慢をする人がいたら、

「ああーこの人は無能なんだな」

と思いましょう。

事実そうです。


残業なんてしない方がいいんです。

就業時間に仕事を終えたら、

あとはプライベートに時間を当てるんですよ。


そこで英気を養う、もしくは勉強をするんです。

そうすることで、仕事の質がさらに上がるってもんですよ。


もし、残業を推奨するような会社にいたら、

そこの色に染まってはダメですよ。

そこでは通用しても、これからの社会では通用しません。

染まってしまったら、むしろ能力は下がります。


定時で仕事を仕上げる努力をして、

その能力を武器に、

もっと条件のいい会社に転職するか、

フリーランスとして生きた方がいいです。

その方が稼げるし、人生が充実します。