MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

これからの時代、転職回数の多い人が社会人として価値が高くなるよ!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170828085044p:plain

ひとつの会社を勤め上げることを

良しとする風潮がいまだにある気がします。

 

日本人って転職を嫌う傾向があるじゃないですか。

転職が多い人をジョブホッパーなどと言って揶揄し、

敬遠する企業も多いですし。

随分と時代遅れだなと僕は思うんですよね。

 

終身雇用、年功序列が当たり前だった頃は、

一つの会社だけしか知らなくても良かったかもしれません。

でもね、今はそんな時代じゃないですよね。

終身雇用、年功序列はもう崩壊しました。


自分の成長や考え方の変化、生活環境の変化によって、

転職するのって当たり前ですよ。


これからの時代、

一つの会社しか勤めてないというのは、

むしろ恥ずかしいことになると思います。

今までとは価値観が逆転し、

転職回数が多い人が重宝される時代が来ますよ。


世界はまさにそうでしょ。

グローバル化の波によって、

遅かれ早かれ訪れ、日本もそうなりますよ。

これは逆らいようのない流れです。


それはね、大企業に勤めていようが関係ないです。

一社しか知らないというのは、

デメリットでしかありません。


一社しか知らないと、

・視野が狭くなる。
・スキル、知識がその会社でしか通用しない。
・倒産、リストラにあったとき、他社の文化に馴染めない。
・要は適応力がない。

と言ったように、考え方が狭くなるし、

柔軟性に欠ける人間になってしまうんですよ。


大企業であればあるほど、

企業文化が出来上がっているので、

その企業の色に染まってしまいます。


すると、社会人としての視野が狭く、

スキルも柔軟性がないまま育ってしまい、

「もしも」のときのサバイバル力が低下してしまうんですよね。


今はどんな大企業とて経営が傾く時代です。

その企業でしか通用しない人間になってはダメなんですよ。


視野を広げる、柔軟性を身につける、

スキルを上げるためには転職をしないと。

他の世界を知り、他の会社の空気を吸わないと、

現代社会を生き抜くためのサバイバル力は身につきませんよ。