MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

変化を拒んでいたら日本は先進国とは呼べない国になるよ。


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170905085012p:plain

中国、インドの経済発展がめざましいと言われています。

スマートフォンが急激に普及したことで、

キャッシュレス化が進むなど、

中国の一部の地域では、

日本以上に最先端をいっているようです。


中国、インド共に、20世紀は発展途上国と言われていた国です。

それに対し、日本は敗戦から奇跡の復興を遂げ、

高度成長期を経て先進国の仲間入りをしました。


僕が思うに、日本は20世紀に社会システムが

完成(発展しすぎた)しすぎたと思うんですね。

 

完成しすぎたがゆえに、固まりすぎ、

そこに既得権益が生まれ、

新しいシステムへの移行がスムーズにいかないのだと思います。

いろんなしがらみ、利害が邪魔をするんですよ。

邪魔をする世代がいるんですよ。


中国、インドなどは発展途上だっただけに、

まだまだ未成熟なところがあり、

日本よりもはるかに社会インフラが整っていなかったでしょう。


未成熟ということは、まだ固まってないということ。

固まってないということは柔軟であるということです。

柔軟であるがゆえに、新しいものにフィットしやすい、

新しいものを受け入れやすい土壌が、

中国やインドにはあるのだと思います。


変化を拒んでいたら生き残れない!

と僕はブログを通して何度も言っています。

それは一個人だけでなく、

国という大きな共同体にも同じことが言えます。


変化を拒んでいたら、日本は遅れを取り、

どんどん落ちていくでしょう。

先進国とは呼べない国になると思いますよ。

そうなっては欲しくないと思う今日この頃なのです。