MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

毒親とは気がつかず、親の言いなりになっている大人っているんだね。


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170906085002p:plain

何事にも干渉してくる親が世の中には

少なからずいるようです。

子がすることに、こうしなさい、

ああしなさいと言ってきて、

それに対して、本人もその通りに動く。


恋人選びにまで干渉してくる親がいるとか。

それに疑問を持たず、

親が反対したからという理由で別れたりするという。


これが子どもがまだ10代ならわかりますよ。

それが30代、40代になっても、

親の言いなりになっている人がいるんだとか。

唖然とします。


おいおい、いい大人が何で自分の頭で考え、

自分で判断しないんだよ・・・。

と思うんですけども。


こうした過干渉の親は間違いなく毒親です。

えっ?

私のために言ってくれているんでしょ?

と思います?

違いますよ。


そんなのは嘘です。

勘違いです。

自分のため、親本人のためです。

自分の見栄のため、自分の老後のために、

子どもをコントロールしたいんです。

自分の都合がいいように操りたいだけです。


気がついてください。

過干渉な親は、

子どもを自分の支配下に常においておきたい、

正真正銘の毒親です。

 

反抗期がなく、子どもの頃から、

親にコントロールされ続けた子ども、

いわゆる「いい子ちゃん」は、

自分の親が毒親とは気がつかず、

言うことを聞き続け、

人生の大半を親に捧げることになります。


そんな人には、

一体誰の人生なの?

自分の人生だろ。

自分で考え、自分の力で生きろよ!

親の言うことが必ずしも正しいわけじゃないよ!

と言いたいです。


親の過干渉から逃げる手段としては、

物理的に親から離れることをオススメします。

同居しているのなら、一人暮らしをするなど、

距離を取りましょう。


それも親がそう簡単に近づけない

距離の地域に住んだ方がいいです。

そうしないと自主性や独立心が芽生えません。


一生親には依存できません。

そういう人は、親に依存出来なくなったら、

新たな依存先を探すことになります。

 

そして、いつまでも自分の力で生きることが出来ないんです。

そうした人は不幸な人生を歩むことになります。


幸せな人生を歩みたかったら、

親から離れることです。

そして親が敷いた人生を歩むのでなはく、

自分の力で人生を歩むことです。