MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

お金持ちには特有の思考パターンや行動原理がある!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170911185613p:plain

こちらの本を読み終えました。


お金持ちになる絶対的なテクニックはないが、

お金持ち特有の「思考パターン」や「行動原理」があると説く著者。

 

投資ファンド会社に勤務し、

超富裕層と呼ばれる人たちと接してきた著者が、

お金持ちと身近に接することで得た

お金持ちの特有の「思考パターン」と「行動原理」を紹介しています。


内容をチラッと紹介しますね。

まずこの本の中で、僕的に一番インパクトがあったのがこれ。

 

●お金持ちは結果のすべてを自分のせいにする。

お金持ちになれる人というのは、なかなか人にはできないことを実現しているので、多くの優れた面を持っている。その中でも特にすごいのが、結果のすべてを自分のせいにできる精神力の強さである。逆にいうと、このメンタリティさえ身につけることができれば、かなりお金持ちに近づくことができるのだ。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.88)..Kindle版.


お金持ちはすべて自分のせいにする。

そうですよ、人生はすべて自己責任ですよ。

c-sakuranbou.hatenablog.com

不可抗力と思える状況でも、それは自己責任です。

その状況から抜け出そうとしない、

悲観してばかりいる自分のせいです。

人のせいにしていたら、状況は変えられないし、

成長はしません。

 

●お金持ちは待つのが嫌い!

お金持ちが待つ時間を嫌がるのは、おそらくその時間がもったいないからである。待たされるということは、自分の時間を浪費して相手に供与しているのと同じである。時間を浪費するくらいなら、お金を払ってその時間を買うほうがまだマシである。行列に並ぶのも同じことだ。行列に並ぶのは、自分の時間を店側にプレゼントしているのだ。彼らに言わせればボランティアみたいなものである。つまり、お金持ちにとって時間は売り買いできるものであり、できるだけ多くの時間を持っているほうがゲームを有利に進められる。このため、お金を出して時間を買うことになる。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.100)..Kindle版.

要はお金持ちほど時間の大切さがわかっているということです。

そこで無駄な時間を過ごすくらいなら、

お金を払った方がお得であると

考えるのがお金持ちなのでしょう。

 

●お金持ちになりたければ都心に住め!

 「都心に住んでいる人というのは、お金があるから都心に住めるのだろう」と思う人もいるだろう。だがお金持ちに言わせれば、これからお金持ちになろうという人こそ都心に住むべきだという。時間やお金の制約があるときこそ、多少の出費は覚悟して、すべての余力を仕事に注ぐことが重要なのである。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.125)..Kindle版.

ここは前の文章が長くて省略していますが、

通勤時間に関することです。

お金持ちは通勤時間を無駄と考えます。

 

また満員の通勤電車に乗ったことがある方は

わかるかと思いますが、

けっこうなストレスを抱えます。

 

これらのリスクを考えた場合、

居住費が高くついても、

利便性の高さと、精神衛生上の観点から、

会社から近い都心に住むのがお得だと

お金持ちは考えるのです。

 

●学校の成績が必ずしもお金に結びつくわけではない!

学校での勉強はすべて答えが決まっていて、解き方にも一定のパターンがある。この環境でいい成績を取っていても、答えがない状態に放り込まれた途端にパニックを起こしてしまう人は少なくない。学校の成績が必ずしもお金持ちに結びつかないのは、こういった理由も大きいと考えられる。結局のところ、お金持ちになるために必要な能力というものは、複数の課題を同時に処理し、明確な答えがない状態でもある程度の見込みをつけて推論ができる力、といったところだろうか。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.139)..Kindle版.

いわゆる「いい子ちゃん」や、絵に描いたような優等生が、

お金持ちになれるという訳でないということです。

マルチタスクで、臨機応変さや、

柔軟さがないといけないということですね。

 

●お金の話を積極的にしよう!

ただ黙って座っているだけではお金持ちにはなれない。お金持ちになるためには、できるだけ多くのチャンスに触れておく必要がある。そのためには、いつもお金の話をすることが重要だ。お金持ちになった人の多くが、お金に関する話題を積極的に取り上げ、チャンスに結びつけている。お金持ちを目指す人にとっては大いに参考になる話だ。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.154)..Kindle版.

お金の話を嫌う人に、お金は寄ってきません。

お金の知識も身につきません。

 

●年配者のアドバイスは聞かないほうがいい!

年配者の意見には耳を傾けるべき、というのは一般によく言われることだが、ことお金持ちになるという点においては、ほとんど当てはまらないと思ってよい。もちろん、実際にお金を儲けてきた年配者のアドバイスであれば、お金を出してでも聞いたほうがよいだろうが、そんな人は数えるほどしかいないはずだ。身の回りにいる一般的な年配者のアドバイスは、なるべく聞かないほうがよい。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.183)..Kindle版.

一般的な 年寄りは、「昔の価値観」でしかアドバイスをしません。

今の価値観や今の時代の流れというものを理解していないんですね。

そんな人のアドバイスを聞いたところで役には立ちません。

c-sakuranbou.hatenablog.com

 

●貧乏人とは付き合うな!

貧乏人とばかり付き合っていると自分も貧乏人になってしまう、とよく言われる。これには2つの意味がある。 

ひとつはメンタルな部分での悪影響、もうひとつは現実的な取引での悪影響である。メンタルな部分での悪影響はわかりやすい。お金持ちは前向きで精力的な人が多い。これに対してお金がない人は、後ろ向きで愚痴っぽい人が多い。このような人とばかり付き合っていたのでは、自分もポジティブになれるわけがない。

加谷珪一.お金持ちの教科書(p.188)..Kindle版.

c-sakuranbou.hatenablog.com

 はい、貧乏人は嫉妬から足を引っ張ることしか考えません。

 

いやー共感しまくりの本でした。

この本、オススメです!