MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

湯殿山麓呪い村を観た!いやー最後まで救いがないミステリーでした!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20170915083511p:plain

アマゾンプライムに、角川映画の

「湯殿山麓呪い村」があったので観たんですよ。


タイトルからしてホラー映画かな?

と思っていたんですけども、

最後まで怖いシーンはなくて・・・。


最後まで観て「あっこれミステリーだったんだ」

と気がつきました。

気がつくの遅っw

 

「湯殿山麓呪い村」は1984年に作られた角川映画です。

30年以上前の作品です。


舞台となる時代は、80年代なんですけど、

まあ懐かしい風景が随所に出て来ました。

なんていうか、アジアンチックな街並みなんですよね。

あー80年代って、こんな雑多な感じだったよな、

と思いながら観ました。


現代と全然違うのは、

登場人物が至る所でタバコを吸うんですよ。

上野駅内で、葉巻吸ってるシーンがあって、

時代を感じましたね。

今じゃ考えられないなと。

 

そんなことを今したら、顰蹙を買うし、

駅員さんに注意されますよ。

でも、それが普通だった時代なんですよね、80年代は。

すげー時代だったな。


あとね、お坊さんが真言を唱える場面があって、

「あっ不動明王真言を唱えてる」

とわかってしまう自分は、

宗教オタなんだなということを再認識しました。

 

ストーリー的には、話が随分と飛んじゃう感じで、

これ原作を読まないと理解できないのでは?

と思えるシーンがチラホラ。


そしてこの映画、最後まで救いがないミステリーでした。

いやー陰鬱な気分になりました(笑)