MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

どんな人でも劣等感はある!その劣等感をどう扱うかで人生は変わってくる!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20171003085031p:plain

 

どんなにかっこよくても美人でも、

仕事が出来ても、劣等感は誰にでもあるもんだよ。

悩みなんかなさそうに見える人も劣等感はあるよ。


えっ?

「そんな劣等感、私に比べたらたいしたことない。

私の方がひどいから」

そんな風に思ってるの?


それを「卑屈」って言うんだよ。

それを「不幸自慢」と言うんだよ。

とっても卑しい考え方だからやめた方がいいよ。


人ってね、努力を嫌うと、

ダメな方で人より優れていると思いたいんだよ。

人よりもダメなことで優越感に浸りたくなるの。

 

その不幸自慢はそうでしょ。

人よりも特別にダメな私に酔っているだけでしょ。


劣等感をどう「扱う」かは自分次第だよ。

それで人生は大きく変わってくるから。

劣等感に負けて「どうせ私なんて・・・」

と卑屈になったら、

人生は暗く惨めなものになるよ。


それは誰のせいでもない。

卑屈になっている自分のせい。

卑屈になって、自分の人生が惨めになるように、

呪いをかけているんだよ。


泣こうがわめこうが誰も救ってはくれない。

誰も助けてはくれない。

人生は自分で切り開き、

自分で創っていくしかないないんだよ。


どうせなら劣等感を飛躍するためのバネにしなきゃ。

成長の起爆剤にしなきゃ。

劣等感はそれはそれは大きなエネルギーになるんだよ。

 

劣等感を人生を悲観するだけの道具に使うなんて、

もったいないって。

劣等感を有効に使おうよ。