MAKIの日記〜40代からの成功ストーリー

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも成り上がれます!

副業(複業)しよう!会社はあなたの人生の面倒をみてはくれない!


スポンサードリンク

   

f:id:c-sakuranbou:20171019091803p:plain

 

↑と、言ったことを僕は思うわけですよ。

なぜ一つの会社だけにコミットしなければならないの?

なぜ忠誠心を見せなきゃならないの?

江戸時代かよ、サムライかよ!

と思うわけです。


これからの時代、テクノロジーの進歩によって、

高生産性の社会が実現し、

仕事はどんどん減っていくだろうし、

労働時間が減っていく可能性が高いんですよ。


それでも自分の仕事(会社)はなくならず、給料が減ることもない!

と言った状況だったら、複数の仕事を持つ必要はないかもしれません。

でもね、そうじゃない可能性だってあるわけですよ。


となると、複数の仕事を持って収入源を確保するのは、

当たり前じゃないですか。

1つダメになったとしても、2つあれば何とかなり、

できれば新たにもう1つ収入源を作り、

常に3本柱の体制にしておくとかね。

可能なら、柱をもっと増やすとか。


出社日数が週に4日が当たり前!

という時代が、もうそこまで来ています。

時間が出来ます。

そうなってから、さてどうしましょう!

じゃ遅いんですよ。


今から備えましょうよ。

いきなり、ドンと稼ごうと思わず、

少しずつでもいいから、

休日を利用して稼いでいきましょうって。


いや、うちの会社は副業禁止だし・・・と思っている方、

あなたは昔、何が何でも学校の「校則」は守る人でしたか?

あのですね、副業の禁止って、

就業規則にはあっても、法律的には違法なんですよ。

会社は社員の副業を禁止することは出来ないんです。

バレなきゃいいでしょ。


それにですよ、会社はあなたの人生の面倒をみてはくれません。

縛るだけ縛って、経営が傾けば、倒産するかリストラされます。

そんなの当たり前じゃないですか。

 

なぜそんな当たり前のことに気がつかないんですか?

自分の人生なんですから、会社に人生を預けず、

責任を持って自分で切り開いていきましょうよ。


てことで、副業をしましょう。

複数の仕事を本業とするパラレルワーカーになりましょうって。

その方が収入は高くなるし、人生が面白くなりますよ!