オールドルーキー

世の中のおかしなことにツッコミを入れております。たまに筋トレのことも書いてます。

40代で老害と呼ばれないためにすべきこと!


スポンサードリンク

f:id:c-sakuranbou:20171123223328p:plain

週刊SPA!で「老害化する40代がヤバい」という特集が組まれていました。年齢や立場を盾に、仕事が出来ないのにマウンティングする40代が増えているようです。

 特に、出世コースから外れた人にその傾向が見られるとか。唯一優っている?のが経験と年齢ですからね。それを利用して、下の者をこき使ったり、立場を利用していじめているのでしょう。

うーん、情けない・・・。

 

目次

 

今の自分に誇るべきものが何もない!

「今の自分」に誇るべきものが何もない人間が最後の拠り所とするのが、経験、年齢、性別、人種だったりします。変えられないことで部下や後輩にマウンティングするなんてのは、人間的にみみっちいと言うか・・・最低だと僕は思います。それにあまりに情けないですよ。

今の仕事ぶり、今の生き方で一目置かれるような存在になればいいのに、それが出来ないから、変えられないもの(越えられないもの)で、従わせようとするんですよ。

その自慢する経験にしたって、今はもう通用しないものです。その当時は通用したのかもしれないけど、今は全く通用しないものを自慢してどうすんの?と僕は思いますけどね。

 

今の若い子のほうが優秀

はっきり言います。20代、30代の若い世代の人たちの方が、我々40代よりも優秀な人が多いです。パソコンやインターネット環境が当たり前にあり、常に多くの情報に触れる機会があった彼らは、我々の世代よりも早く成熟しているし、物事の判断が非常にクールで合理的です。またそれが今の時代の生き方、仕事のやり方に非常にマッチしています。

彼らが優秀であること認めないと。自分の能力の低さも認めないと。そして謙虚に彼らから学ぶんですよ。「俺には経験がある」「年齢は上だ」なんて、クソの役にも立たないプライドですよ。

 

人生の後半戦に突入したばかりだからこそ、謙虚に学ばないと!

下の者にマウティングをして、優越感に浸っているような人は、仕事人生において、残念ながら努力してこなかった人だと思います。僕はまさにそうです。

だから、人生の後半戦がスタートしたばかりの今、謙虚に学ばなければならないと思っています。今、謙虚に若い世代から学ばなければ、50代、60代になったとき、もっと悲惨な人生になっていると想像出来るからです。

 

歳をとるほど人生を立て直すことが困難に

50代、60代で人生を立て直すのは、40代のときより困難ですよ。選択肢も体力も気力も今より確実にないでしょうからね。情けない人間のまま、人生が終わりかねません。

そうなりたいですか? 僕は嫌ですよ。

嫌だったら、老害などと呼ばれないように、謙虚になったほうがいいです。謙虚に彼らから学んだほうがいいです。

下の者に教えをこうてもいいでしょうし、出来ないこと、わからないことははっきり言ったほうがいいです。そして、失敗するのを恐れて逃げまわらず、積極的にチャレンジして、恥をかいていきましょうよ。

そのほうが確実に人間としても、会社員としても成長するし、周りも認めてくれますよ。

 

こちらの記事もご覧ください。
40代で人生を変えたい人がすべきこと。食事と体を変えることから始めよう!