オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

部下をお酒に誘う上司は無能である!


f:id:c-sakuranbou:20171220085542p:plain

飲みに誘ってくる上司は仕事が出来ない!

「飲みに行こうよ」と誘ってくる会社の上司っていますよね。お酒を飲んで腹を割って話をし、親睦を図ることが目的なようですが、はっきり言って、そういう人って、仕事が出来ないのだと思います。それとマネジメント能力がないのだと思います。

 

仕事が出来たら部下は自然とついていく

仕事が出来る人だったら、下の者は自然とついて行きますよ。見習おうと思いますから。それにマネジメント能力があったら、就業時間内で部下のマネジメントをしますって。

尊敬されている上司なら、部下から「今度飲みに行きませんか」と誘われますって。それらが出来てないから、自ら誘って、会社の外で親睦を図ろとするわけじゃないですか。

 

部下をお酒に誘うのは無能の証明

そんな誘いをすることこそ「無能の証明」ですよ。

部下としたら、「何で自分のプライベートな時間を割いて、無能なあなたに従わなければならないの?それより会社にいるときにやることやってくれよ」と思いますよ。有能な部下ほど、そう思いますって。

管理職の人は部下との関係に悩んでも、お酒になんて誘わないほうがいいですよ。益々の嫌われますから。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

役職者を肩書きで呼ばせる会社はブラック企業

もう必要がない昭和のテクノロジー3選

もう必要がない昭和・平成のビジネス習慣3選

日本低迷の原因は昭和脳の連中が企業と教育の第一線にいるから!

 

働き方や人生を考えるのにオススメの本。

Amazonの内容紹介より。
デザイナーを夢見ながらカフェでアルバイトを続ける奈津。漠然とした不安と焦りのなかで、気がつけば32歳。不思議な老人マックスとの出会いをきっかけに、今いる場所でできることを試し始めることで、新たな夢へとつながっていく―仕事観を揺さぶる魔法の本、ついにまんが化!

Amazonの内容紹介より。
今こそ、自分の人生を生きよう!
「100年人生」の一大ムーブメントを巻き起こした30万部のベストセラー、待望のまんが化。
あなたらしい人生を生きるヒントが見つかる、勇気の書。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら