オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

妻と散歩しながら、自分にはファミリーの街が合わないことを実感しました。


f:id:c-sakuranbou:20180212224238p:plain

今日は午前中にジムに行き、みっちり背中を鍛えました。午後からは、妻と一緒に地元をのんびりと散歩。気温は10度にいかなかったようですが、日向にいる分には暖かかったです。

散歩中、ランニングをしている人、犬を散歩させている人、公園で家族で遊んでいる人などいろんな人とすれ違いました。街を眺め、そんな人たちを眺めて、ここは本当にのんびりした街だなーということを実感したんですよ。

住宅があって、公園が多数あって、まさに「ファミリーの街」といった雰囲気です。それが合う人にはいいだろうけども、少なくとも今の自分には合わないことを散歩しながら改めて強く思ったんですよね。のんびりした雰囲気に、むしろ息が詰まるというか。やはり僕は都会が好きなんだなと。

緑が多いのんびりした街よりも、せわしなく人が行き交う街、変化の激しい街が好きなんですよ。そうした街から受ける刺激が大好きなんです。のんびりした雰囲気や、緑が多い景色よりも、人が多い街、人工的な建物が多い街に僕は癒されるんですよね。

夫婦で、今の所に住むようになって、お互いかなり丸くなったね、昔はもっと尖っていたのに(笑)と話をしています。のんびりした雰囲気に飲まれて、性格が丸くなってしまいましたよ、ほんとに。

そういった落ち着いた生活はまだしたくないんですよね。郊外に引っ越してそれがよくわかりました。

僕らは、夫婦2人が暮らすのに困らなければ、住居にそれほどのクオリティは求めないんですよ。妻はボロ家好きを自称しています(笑)。僕はクオリティはそれほど求めないとはいえ、あまりのボロ家は嫌ですけどね。

住居にはこだわらない夫婦ですが、住む街にはこだわりたいんですよ。家に住むのではなく、街に住みたいんですよね。

6月、7月をめどに引っ越せればと思います。住む街の目星はだいたいつけました。あとは物件があるかどうかですね。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

時間を有効活用するため都心に引っ越そうと思ってます!