オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

ぎっくり腰はとてつもなく痛いよ!


f:id:c-sakuranbou:20180218222501p:plain


 

トレーニング中にぎっくり腰を2度ほどやった経験があります。1度目のときは、あまりの痛さに血の気が引き、鏡を見たら真っ青な顔に。痛くて腰を曲げた状態から動けないんですよ。

あまりにも痛くて、変な汗が出てくるんですよね。あれを脂汗っていうんですかね。運動したときの汗とは全然違う感じの汗なんですよ。

腰を曲げたまま動けない僕の姿を見たジムのスタッフさんが、「救急車を呼びましょうか」と言うほど酷い顔をしていました。そこまで心配されるほど、まあ酷い顔をしていたわけです。

救急車は丁重にお断りしましたけどね。何とか更衣室までたどり着いて着替えたのですが、着替え終えるまでに30分もかかってしまいました。

徐々に痛みは引いていき、着替え終えてから、整骨院に行ったのですが、お昼休みで受け付けてもらえず。さて、どうしましょうとなったときに、腰痛にはウォーキングがいいと何かの本で読んだことを思いだしまして、そのまま散歩しました。

2時間ほど歩いたでしょうか。効果があったのかどうかわかりませんが、だいぶ痛みが和らいだので、結局整骨院には行きませんでした。

が、それでも生活に不自由するほどの痛みだったので、トレーニング時に着けるベルトをコルセット代わりにして、1ヶ月ほど夜眠るときに巻いてました。こんなやつです。

でないと、寝返りをうつたびに痛くて起きてしまっていたんですよ。

元々腰が弱いのと、デスクワークで座りっぱなしであるのと、トレーニングで腰を使うので、腰に疲労がたまりやすいんですよね。それが傷める原因かなと思っております。

ぎっくり腰を2度やって以来、腰には気を使うようになったのですが・・・最近また痛み出しまして。ぎっくり腰をやったわけではないんですけどね。徐々に痛み出し、その痛みが増していき、今ではトレーニングに影響を及ぼすほどになっています。

てことで、整骨なり、整体で見てもらったほうがいいのかなと思い始めた今日この頃なのでございます。

腰はほんと大事です。皆さんも腰には気をつけてくださいね。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

僕が筋トレをするのは筋肉のためだけじゃない。より良い人生を歩むために筋トレをしている!