オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

空気を読まず、批判を恐れず、自分の意見、自分の考えをしっかり主張しよう!


f:id:c-sakuranbou:20180226092900p:plain

空気を読んで調和を大事にするあまり、言いたいことを言わない。やりたいことをやらない。批判されることを恐れるあまり、言いたいことを言わない、やりたいことをやらない。日本人というのは、そうした人が多いと僕は思うんですね。

ブログやツイッターで好き勝手なことを書いている僕ですが、昔はまさにそんなタイプでしたね。空気を読みすぎてしまい、こんなこと言ってはダメだろうなと思って我慢してしまう、そんな人間でした。

同じように批判されることも恐れて、言いたいことは言わないし、やりたいことも我慢していたんですよ。そうするとね、どんどん人生が窮屈でつまらないものになっていったんですね。息苦しいものになっていったんですよ。

そんな風な生き方をしていると、仕事でもプライベートでも「どうでもいい人」「無個性な人」ということで、ぞんざいな扱いを受けてしまうんですね。要は人として軽んじられてしまうんです。

それでもいいという人は、それでいいでしょう。

僕はそれが嫌だったんですよ。だから、言いたいことは言うようにしたし、やりたいことはやるようにしたんです。するとね、反対意見は出てくるし、批判もされます。

でもね、それと同じくらい支持者も出るし、共感してくれて、親密な関係になれる人も出てくるんですよね。

そうしたら、人生が面白くなってきたし、上向いてもきたんですよ。

空気なんて読む必要はないし、批判を恐れて人の顔色を伺う必要もないんです。そんな生き方をしたら、その他大勢のどうでもいい人になってしまいます。

むしろ空気を壊す人間になったほうがいいですよ。批判されるぐらい個性を際立たせたほうがいいですよ。

人として軽んじられたくない、人生をもっと良いものにしたいと思ったら、自分の意見をしっかり持ってそれを主張していくことです。

 

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

嫌われることを怖れず行動しよう!すると熱烈な支持者を生むし、生きるのが楽しくなるよ。