オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

敵がいないと生きていけない人っているよね。


f:id:c-sakuranbou:20180309092739p:plain

人の批判ばかりをしている人(悪口、陰口ばかりを言っている人)を見かけたことありませんか? 話のネタと言えば、人の批判。そして常に自分は正しく、自分はバランスが取れていると思っているという。

そういう人って、誰か「敵」がいないと、自分を保てないんだと思います。生きていけないんです。

常に敵を作り、自分は正しい人間だと思いたいし、自分は虐げられている思い、悲劇の主人公を気取りたいんですよね。

なので、こういう人は反論を聞き入れません。「いやーそうかなー」とか「自分はそう思わない」と反対意見を言うと、自分の正当性と相手の問題点(その人にとっては問題)をヒステリックなまでに主張してきます。

自分の考えがおかしい、自分に問題があるとは考えられないんです。これまでの人生において、そういう人を何人か見てきました。

で、そういう人というのは、次第に孤立していくんですよ。その人と付き合っていたら、いつ自分が敵と認定され、攻撃されるかわからないですからね。そりゃ人は離れていきますって。

この手のタイプって、主張するだけで、話し合いが出来ないので、相当痛い目にあって自分で気がつくしかないと思います。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

話し合いが出来ない人とは極力関わらない方がいい!