オールドルーキー

世の中のおかしなことにツッコミを入れております。たまに筋トレのことも書いてます。

これからの「働き方」「生き方」を考えるのにおすすめの本はこれ!


スポンサードリンク

f:id:c-sakuranbou:20180511134416p:plain

テクノロジーの急速な進歩によって、時代が大きく変わろうとするなか、ただ漠然と時代に流されて生きるのではなく、働き方、人生を一人ひとりがしっかりと考える必要があると僕は思います。

でないと、その変化の波を捉えきれず、時代にうまく乗れません。うまく乗れないと、時代に翻弄され、どんどん下流の社会階層へと流されていきます。

気がつけば、はるか下流にまで流されてしまい、そこから這い上がるには、相当な苦労を要する・・・なんてことにもなりかねません。

では、そうならないためにはどうするかというと、大切になってくるのは情報(知識)です。

もしもに備えてお金を貯めるのではなく、まず何よりも大切なのが情報です。

今回、2冊の本をご紹介したいと思います。2冊ともイギリス在住の経済学者リンダ・グラットンが書いた本です。

 

リンダ・グラッドンはイギリスのタイムズ紙が選ぶ「世界のトップビジネス思想家15人」の一人であり、彼女が書いた「ワークシフト」と「ライフシフト」は世界的に大変反響を呼び、日本でもベストセラーになりました。

ワークシフトは2025年の「働き方」を予想して書かれた本です。テクノロジーの進歩によって、世界がリアルタイムで繋がっている現在。2025年の未来は、より世界が狭くなると予想されます。

狭くなることで世界はどう変わるのか。まず、これまでは国内だけの競争ですんだのが、世界を相手に競争しなければなりません。

これは企業だけでなく、我々個人もそうです。世界中の人が競争相手になります。

そうしたこれから来るであろう未来を、気鋭の経済学者が予想します。物語仕立てで書かれてあるので、その世界がイメージしやすく、引き込まれることでしょう。

 

 

ワークシフトに続く第2弾の作品となるのがライフシフトです。

平均寿命が伸び、これから多くの人が90歳、100歳まで生きる人生を送ることになります。そうなると、変わって来るのが「働く期間」です。

これまでは平均寿命が70代、80代でした。定年から10年、15年生きるので、その期間は退職金と年金で過ごすことができました。

しかし、平均寿命が伸びたことにより、これからは定年後も20年以上生きることが予想されます。

となると退職金は途中で無くなり、年金だけの生活になる可能性があります。年金だけでは到底心もとないという人も多いでしょう。

そうなると働く必要性が出てきます。働くには今までの経験だけでなく、新たなことに挑戦したり、学び直し(リカレント)をすることが必要になってくるでしょう。

ライフシフトでは、そうした未来の生き方を、これまた物語仕立てで紹介しています。

もちろん、あくまで予想ですが、これからの「生き方」「働き方」を考えるのに最適の書です。

ぜひご覧ください。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

45歳で転職した僕が活動期間中にやったこと!

逃げ続けて40歳で貧困。そんな自分に心から嫌気がさしたのが人生を変えるきっかけでした。

40代からの人生逆転!筋トレをして体を変え、心を変え、人生を変えよう!

40代からの人生逆転!自分の強みを知るためストレングスファインダーをやってみた!

実践すれば誰もが確実に成功する法則とは何か?

僕の小さな成功体験!Googleアドセンスの収入が4万円を超えました。

 

転職を考えている方にはこちらがおすすめ。

未経験からの転職ならWORKPORT

 

転職のときに利用したのがリクナビNEXT。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】