40代からの人生逆転

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

護身のため棒術を学びたいと思いました!


スポンサードリンク

f:id:c-sakuranbou:20180615093332p:plain

先日の新幹線における殺傷事件のニュースを見て、自分は刃物を持った人に対してどう対応するかと思ったんですよね。もう逃げられない状況下を想定してですけど。

僕は空手を学んでいましたが、だからと言って素手で対応なんてのはしないですね。

近くに何か物があったら、それを武器にするでしょうね。おかしな人を相手に、わざわざ素手で対応する意味がないですからね。

空手には様々な流派がありますが、武器への対処法を教えるところは少ないです。古流空手なら教えるかもしれませんが。

有名どころではまず教えません。というよりも教えられる人がいません。誰も学んでいないので。

僕が学んでいた流派も武器への対処法は教えていませんでした。

武道とはいっても、時代の流れからどこもスポーツ化しているので、多くの流派は大会で結果を残すための稽古をするようになっています。

そうなると、刃物への対象法とか、喧嘩の時の対処法とか、護身としての技術を教えるといったレアケース、非日常的なことに時間を割くことはしないんですよ。

それが悪いとは全く思わないんですけどね。

個人的には、スポーツ的な空手の良さを理解しつつ、今は武術としての空手というか、空手じゃなくても全然いいんですけど、武器術を学びたい気持ちが少なからずあるんですよ。

棒術なんかいいなーと前から思ってまして。短い棒でいいんです。30センチか、50センチの。それだけでナイフなどには対応出来ると思いますし。

学びたい気持ちがあるのですが、問題は棒術を教えるところなんてまずないという(笑)

と、ここまで書いたところでふと思いました。

剣道を学べばいいだけでは?

あっ、そか剣道があった。

でもな、剣道は初期費用が高そう。てことで、棒ひとつで稽古出来る所があったらいいのになと思う今日この頃なのです。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

木村政彦、塩田剛三の夢の対談記事を読んで興奮しました!武道っていいですね!

リラックスすることが大事なんだけど、そのためには徹底的に練習しないと!積み重ねないと!

 

転職を考えている方にはこちらがおすすめ。

未経験からの転職ならWORKPORT

 

転職のときに利用したのがリクナビNEXT。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】