オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

世界が劇的に変わっていく時代に必要なマインドとは?


f:id:c-sakuranbou:20180622093015p:plain

インターネットの出現で、世界は大きく変わりました。世界は小さくなり、それまで物理的に距離があり繋がれなかった人たち、また住む階層(レイヤー)が異なるので繋がれなかった人たちが、気軽に繋がれるようになりました。

2007年にiPhoneが登場し、スマートフォンが広まったことで、世界はさらに小さくなり、情報はより多く行き交うようになりました。

そして世界は、スマートフォン登場前と登場後でガラリと変わってしまいました。

思い返してみてください。スマートフォンが登場する前の世界を。電話で連絡を取り合うとき、無料でしたか? 

違いますよね。有料でしたよね。通話時間を気にしていましたよね。今はLINEで無料で通話が出来ます。何時間話をしても無料です。

というよりも通話すらしなくなり、テキストで連絡を取り合うのが当たり前になりました。

ネット通販で買い物するときはパソコンの前に座って買っていました。場所が固定化されていたのです。

それが今では買いたいと思ったとき、思った場所ですぐに注文が出来ます。

スマートフォンは小型の高性能パソコンと同じです。私たちは小型の高性能パソコンを持ち歩いているのです。

そして今や私たちの生活にスマートフォンはすっかり根づき、スマートフォンなしでは生活が成り立ちません。僕などはまさにそうです。

スマートフォンは携帯電話を過去のものへと追いやり、世界を変えた革命的なデバイスと言われるようになったのです。

スマートフォンのような革命的なデバイスは、また現れることでしょう。

その間隔は次第に短くなっていってます。その進歩の度合い、スピードは昭和の頃とは桁違いです。

このスピードに合わせるためには、アンテナの感度を高くして情報をキャッチし、様々なことに興味を持つことだと思います。

深掘りしなくてもいいんです。広く浅くでいいから、興味を持つことが大切です。

そしてその中から強く興味を持ったことを深掘りし、時に失敗を恐れずチャレンジしてみることです。

失敗したっていいんです。そこで、多くのデータが得られます。

そのデータが何よりも貴重な財産となり次に繋がります。成長するための最高の糧になるんです。それに失敗を多く重ねることで成功の確率が上がるのですから。

今の時代、必要なマインドはチャレンジ精神と失敗を恐れないタフさです。

日本は失敗を許容しない文化だと言われています。それじゃあダメなんですよ。高速で実験(チャレンジ)し、失敗し、自分の中にデータを蓄えていかないと。

データを蓄えれば蓄えるだけ成功の確率が上がります。それが成功体質になる方法だと僕は思うのです。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

これからの「働き方」「生き方」を考えるのにおすすめの本はこれ!

【人生・働き方】稼ぐ力を身につけないと生き残れないと思うので副業してます。

昭和思考の会社はブラック企業!これからどんどん淘汰されていくよ!

サラリーマン必見!あと5年で会社はなくなるよ!