オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

お部屋探し、いい物件を探すには担当さんを見極めることが大切!


f:id:c-sakuranbou:20180705085736p:plain


不動産の物件探して、最初におこなったのが、不動産の検索サイトSUUMOやHOME'Sのアプリをダウンロードして、そのアプリに掲載されている物件をチェックすることでした。

そのエリアの相場を知るためにチェックしていたんですね。で、いい物件があればそこの不動産屋さんに連絡を入れて実際に観に行くといったことをしていました。

 

ただね、見には行っても「ここだ!」という物件には出会えなかったんですよね。

もうこれは実際に住みたいエリアの不動産屋さんに行くのがいいなということで、最終的にはアナログな方法で部屋探しをしました。

あとで知ったのですが、ネットに上がっている物件は、釣り物件も多く、またいい物件は大家さんはネットに出さなかったりもするということを知りました。

 

で、そのアナログな手段で、何軒も不動産屋さんを周り、物件探しをしたのですが、今回実感したのは、いい物件に出会えるのは、対応してくれた不動産屋さんの担当者の能力と熱意が大きいなということ。

要は出会いだなと。いい人に出会えれば、いい物件にも出会えますね。

 

今の物件を見つけてくれた人は、それはそれは熱心に探してくれたんですよ。人当たりも凄く良くて。

その方、不動産業の人ぽくなかったんですよね。不動産業の人って、ギラギラしている人多くありません?

特に物件紹介の人って、いかにも営業って感じの人が多くて、言葉巧みに売りつけられる感じがするんですよね。中にはちょっと怖そうな人もいるし。

 

で、僕がお世話になった人って、それとは全く違って、普通の会社員って感じだったんですよね。それがまず僕からすると好印象でした。

いかにも営業って感じの人が僕は苦手なんですよ。

また、そこの店舗は凄く綺麗で、パッと見、不動産屋には見えないんです。最初コーヒーショップに見えましたからね。

外から見て、あっここ雰囲気いいなー、中の人たちも良さげな感じだなーと思ったんですよね。

 

入って見たら、実際にいい人に巡り会えたという。

その人からは、営業臭がせず、売りつけようという感じじゃなかったんですよ。いい物件を紹介しようという熱意が伝わってきました。

とにかく一生懸命に探してもらいましたよ。事務的に探すという感じではなくて。

他の不動産屋さんだと、「今日は出てこないですねー」と30分くらいで諦めちゃう人もいたし。

 

中には、タバコ臭い人がいて、そうした人は僕の中で評価がかなり下がりましたね。「あっ、今日はもういいです」と言って、帰ったことがあります。

接客する仕事なのに、タバコ臭いってどういうこと?と思うんですよ。その程度の低い意識で仕事をしているってことなのでしょう。

 

てことで、いい物件を探すには、いい担当さんと出会うことが大切だという結論に至りました。

皆さん、いい物件と出会いたかったら、まずは目の前の担当さんをよーく観察したほうがいいですよ!

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

引っ越し先が決まりました!都心に戻ります!

通勤時間が長いと人生で失うものがあまりにも多い!

人生を快適に生きるコツ、それは多くを所有しないこと。

よりアクティブに生きるため都心に引っ越しました!