40代からの人生逆転

40代なんてまだ折り返し地点を過ぎたばかり。40代からでも人生は逆転出来ます!

現金至上主義が日本社会の効率化を妨げている!


スポンサードリンク

f:id:c-sakuranbou:20180726103216p:plain

週5でスタバに通ってます。けっこうな頻度で通ってますので、iPhoneにスタバのアプリをインストールしました。

www.starbucks.co.jp

これにクレジットカードの情報を登録することによって、スマホで決済することが出来ます。

 

これでね、スタバでの支払いがほんと楽になりました。

まずバッグから財布を出す必要がないでしょ。財布からお金を出す必要がないでしょ。そしていつも手元にあるスマホで簡単に決済が出来て、小銭がたまらないでしょ。

 

いやー便利で楽です!

 

僕はSuicaにチャージして、それで普段買い物をしています。クレジットカードでも買い物をしています。

こうして極力、現金を使う場面を少なくしているんですね。だって、現金を使うのって面倒じゃないですか。

財布を持ち歩くのも面倒だし、お金を財布から出すのも面倒。レジに並んだ時に、小銭を出すのも面倒ですよね。

 

小銭を必死に探し、後ろの人をイライラさせる人を見たことありません?

そういう場面に遭遇すると、この人の気の利かなさ、効率の悪さは何なんだといつも思います。

 

早く、スマホで決済することが当たり前の世の中になって欲しいんですよね。

銀行のATMに行く必要がなくなるじゃないですか。ATMで並んで時間を無駄に消耗することもないし、イライラすることもない。

これをね、トータルで考えたら、けっこう無駄な時間になりますよ。10年で1週間分、1ヶ月分となるかもしれません。

その時間を節約すことが出来るとなったら、これは大きいですよね。

 

日本は現金至上主義と言われていますけど、この現金至上主義が日本社会の効率化の妨げになっていると思いますよ。

もうね、現金を持ち歩くことは効率が悪い時代になっているんです。だってスマホがあるんですから。スマホで事足りるんです。

 

それなのに、キャッシュレス社会にシフト出来ずにいるのは、日本社会が古い価値観に縛られ、発展の妨げでしかない既得権益に縛られているからでしょ。

社会の効率化と発展を考えるなら、現金至上主義を捨てることが大切だと思いますね。

 

キャッシュレス社会が怖いという人の中には、「現金じゃないと使いすぎてしまう」とか「いくら使ったかわらなくなってしまって危険」と言う人がいます。

もうね、アホかと・・・。

それじゃあ「車に乗ったら交通事故を起こす」「車だとスピードが出過ぎて危険!」と言っているようなものじゃないですか。

 

だったら徒歩にします? 自転車にしますか?そんな非効率的なことでいいの?目的地に着くまで何時間も何日もかかっていいの?

ようは自分の意識の問題、使い方の問題でしょ。新しいことに対して、知らないから拒否反応を示しているだけなんですよ。

そんな考え方でどうするんですか。そんな考えの人は、若くても考え方が年寄りですよ。

 

日本社会の効率化と発展を考えるなら、現金至上主義を捨ててキャッシュレス社会を実現させることです。

このマインドは、人生においても同じことが言えますって。人生を効率的に発展させたいのなら、効率化を図るため無駄なことを排除するんです。

そのためには現金至上主義を止め、時間を無駄に消費しないようにするんですよ。そうやって効率的な方法を積極的に取り入れるんです。

 

そして、時間というお金よりも貴重なものを無駄にしないようにするんです。

そう考え方を変えることで、働き方も生き方も効率化され無駄がなくなっていきますよ。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

銀行のATMに並ぶのってバカバカしいよね!

エストニアではキャッシュレス社会が実現したことで税理士、会計士の仕事が消滅したそうです。

AIやロボットに負けないために!働き方を真剣に考えよう!

いま僕らは第四次産業革命の真っ只中にいる!進歩のスピードは増すばかり!