オールドルーキー

世の中のおかしなことにツッコミを入れております。たまに筋トレのことも書いてます。

自分のことを責める癖を改善する方法とは?


スポンサードリンク

f:id:c-sakuranbou:20180804161813p:plain

自分のことを責める癖がある人っていますよね。何をやっても自分を責めてしまうという。

例えば、あることをやってそれが7割8割方うまくいったとします。8割方うまくいったら十分じゃないですか。

でもね、責める癖がある人は、うまくいかなかった残りの2割、3割だけを見て、「自分はダメだ」「全然うまくかなかった」と思ってしまうんですよね。

そんなに自分を責める必要ないのにね。そんな風に生きたら、苦しいだけじゃないですか。

なぜうまくいった部分を見ないんですかね。

 

たとえ失敗したとしてもですよ、いい部分、うまくいった部分を見つけて、それを成果として見ればいいんです。

自分を責める癖がある人は、失敗した部分ばかりを見て落ち込むだけで改善をしないんですよ。

改善しないから、次も失敗するし、自分を責めてばかりいるから心が折れるんです。

失敗したのなら、反省し改善すればいいだけですよ。

改善点がわかったのだから、それは大きな収穫ですよ。

 

それとね、自分を責める癖がある人は、「自分は自分のことをよく理解している」と思う節があるんですよね。

いやー全然理解してないですよ。だって、自分の良いところ理解してないじゃないですか。ダメなところ、苦手なところしか見てないじゃなですか。

 本当に理解している人は、自分の長所と短所がわかり、長所を武器に、そして短所を受け入れて生きていますよ。それが本当に理解しているってことです。

短所だけを見て、「自分なんてどうせ・・・」と卑屈になんてなってませんよ。


良いですか、落ちんでいるだけ時間の無駄、自分を責めるだけ時間の無駄です。

反省をしたら、改善していけばいいだけ。そして、うまくいった部分を見ましょうよ。自分のいいところを見ましょうよ。


自分のいいところを見ようとしないから、自分が無能に思えてしまうんですよ。

その生きにくさの原因、辛さの原因は政治が悪いからでも、世の中が悪いからでもないんです。自分にあるんですよ。

全部、自作自演、自業自得なんですよ。

自分を責めてばかりいないで、自分のいいところを見ましょう。


自分でそれがわからなかったら、人が誉めてくれたことが、自分のいいところです。

自分ではたいしたことがないと思うかもしれませんが、それはあなたが自分を過小評価する癖がついているからです。

誰でも1度や2度は誉められたことがあるでしょう。

その誉めてくれたことを思い出し、それを長所として認めましょう。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

苦しみなんてのは自作自演~自分で自分の首を締めているだけです

トラウマのせいにしている限り幸せにはなれない!

どんなに嫌々言っても今の自分で生きていくしかない!

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!