オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

団塊の世代の功罪を考えてみた。


f:id:c-sakuranbou:20180918093029p:plain

団塊の世代というのは、高度経済成長の原動力となり、日本が先進国の仲間入りを果たすことに大きく貢献した世代です。

ただ、そうしたいい面もあれば、彼らが残した負の側面、負の遺産というのもあると僕は思うのです。

 

 目次

長時間労働、パワハラは団塊の世代が残した負の遺産

例えば、長時間労働、パワハラなどの問題が表面化してきておりますが、これなどは団塊の世代の前の世代から継承し、団塊の世代で増幅、定着した働き方だと思うのです。 

団塊の世代が現役の時は、こうした働き方でも良かったかもしれません。数が多い分、非合理的で無駄が多くても、それで景気が上向きました。

 

しかし今は時代が全く違います。長時間労働などは、むしろ非合理的で、生産性が落ちる働き方だと言われています。

パワハラなどが横行しては、社内の雰囲気は悪くなり、社員の定着率は落ちるなどデメリットしかありません。体育会系のノリが通用した時代はもう終わりました。

 

この悪しき伝統を断たなければならないのに、いまだ抜け出せない日本企業がいかに多いか。

高度経済成長を経て、バブルに入り、日本は一時期栄華を極めましたが、数任せ、体力任せによる成功体験を捨てきれないところに、今の日本の低迷があるのだと思います。

考え方がアップデートされていない団塊の世代の経営者

経営者レベルでいえば、まだ実権を握っている団塊の世代も多いです。政治家もしかりです。

考え方が古臭いままで、アップデートされない方には、早くご退陣頂きたいと思います。

自分たちの既得権益を守り、大きな改革を望まない!

また、自分たちの既得権益を守ろうとし、大きな改革を望まない世代というのも、やはり団塊の世代です。

 で、団塊の世代は数が多いので、選挙では彼らに有利なことをばかりを言う人に票が集まってしまうという面もあり改革が進みません。

 

日本を成長させた団塊の世代には感謝をしつつも、平成も終わろうとしてますので、負の連鎖は断たなければならないと思うのです。

それを担うのは、次に世代人口が多い僕のような団塊ジュニア世代ではないかと思っております。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

老害にならないために、常に自分をアップデートさせよう!

もう必要がない昭和のテクノロジー3選

仕事もスポーツも根性論でやったら長続きはしない!

昭和思考の会社はブラック企業!これからどんどん淘汰されていくよ!

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

 

働き方や人生を考えるのにオススメの本。

Amazonの内容紹介より。
デザイナーを夢見ながらカフェでアルバイトを続ける奈津。漠然とした不安と焦りのなかで、気がつけば32歳。不思議な老人マックスとの出会いをきっかけに、今いる場所でできることを試し始めることで、新たな夢へとつながっていく―仕事観を揺さぶる魔法の本、ついにまんが化!

Amazonの内容紹介より。
今こそ、自分の人生を生きよう!
「100年人生」の一大ムーブメントを巻き起こした30万部のベストセラー、待望のまんが化。
あなたらしい人生を生きるヒントが見つかる、勇気の書。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら