オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

市場にさらされたほうが何事も早く成長する!


f:id:c-sakuranbou:20180924224711p:plain

 

 今の会社に転職する前のことなんですけどね、前の会社では仕事でアメリカのソフトを使っていたんですよ。

表示されるのは全て英語、説明書も英語でした。英語が苦手なので使うのに苦労したってもんじゃないです。

何となーく勘で使い始め、使いこなしてました。

 

でね、そのソフトというのが、非常に出来が悪っかったんです。社内では不満の嵐。当然僕も不満だらけだったんですよね。よくこんな雑な仕事が出来るなと心から思いましたよ。

会社からそのソフト会社に何度もクレームを入れました。そうしたら改善するの連絡。

おそらく世界中から同じようなクレームがあったと思うんですよね。

 

そして何度もアップデートされていき、次第に使い勝手が良くなってきたんですよ。その時に、「あー日本とアメリカの差ってここにあるんだろうな」と思いましたね。

日本企業というのは、その時点で最高のものを出そうと努力しますよね。それだと遅すぎるんですよ。

 

国際競争に勝てない。中国、韓国、アメリカだの、そういった国々は、ある程度出来上がったら、市場に出しちゃうんですよね。

それで市場に問うんですよ。お客さんにバグチェックみたいなものをさせてるんです。そこで見つかった問題点をどんどん改善していくんですよ。

その方がどんどんアップデートされていき結果的にいいものが出来るんですよ。

 

日本企業のような完璧主義のようなやり方って、時代の変化が遅かった頃ならまだ良かったのかもしれません。でもね、今は恐ろしく変化の激しい時代なんです。

のんびりしていたら負けてしまうんですよね。

 

これって何も企業の商品に限ったことじゃないと思いますよ。個人レベルでも同じことが言えると思います。

世に出すのは(行動するのは)まだ早い、もっと良くなってから、もっと準備が整ってからと言っているうちに、どんどん周りから置いていかれるんですよね。

 

それよりならさっさと世にでる、市場に出る。今の自分で出てみるんです。そこで評価されることで、問題点、弱点が見えてきますから。

それを改善していけば、どんどん実力が上がるんです。

 

まだ早い、もっと準備が整ってからだと言っているうちに、先に世に出た人とは埋められないほどの実力差が出来てしまいます。

また時代の波にも乗れず、うまくいかなかったります。

世の中、行動した者勝ちですからね。行動する、そして市場さらされる、そこで磨かれた方が成長しますよ。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

 結局人生ってやったもん勝ち、行動したもん勝ち!

【脱完璧主義】100点を目指さない方が仕事や行動の質が上がる!

失敗をして人に笑われても気にするな!笑われた分だけ成長できる!

人生(たび)の恥はかき捨て!失敗し恥をかくほど人は成長する!

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!