オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

「あるがまま」の意味を勘違いしているスピリチュアルの住人たち


f:id:c-sakuranbou:20180914100817p:plain

 

 

 

「あるがままの自分で生きる」というのは、怠惰さを容認する言葉ではありません。

どんな自分でも「まずは認める」ことの大切さを説いた言葉です。そうしないとスタート地点にすら立ってないから。

どんなにバカでクズでもそれを認め、その自分で生きていく覚悟を持たないと。だからと言って、そのままでいいわけじゃないんですよ。

 

努力し日々積み重ねて、苦手なこと、ダメな部分を改善していかなければいけないんですよ。

それをスピリチュアルバカは曲解して都合よく解釈し、「ダメなままでもいい」と思っているという。アホかと思いますね。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

自由の意味を履き違えている人がスピリチュアルの世界には多いよね。

高学歴でスピリチュアルにハマるのはこんなタイプの人。

美人は性格が悪いは嘘!ブスのほうが性格が悪いよ!

デブもブスも努力次第でいくらでも改善できるのに、それをしようとしないスピリチュアルの住人。

 

複業(副業)に興味がある方はこちらをご覧ください。

【副業・複業】僕の小さな成功体験!Googleアドセンスの収入が4万円を超えました。

【正社員絶滅】大失業時代に備えて副業をしよう!何もしてないと変化の波に飲み込まれるぞ!

【40代からの人生逆転】本業にストレスを感じている人は複業(副業)をしよう!

【副業・複業】残業なんかやめてブログを書こう!

 

スピリチュアルの問題点を鋭く指摘している本はこちら!

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
信じる者は救われぬ。スピリチュアリティ(神霊・心霊)を騙れば簡単に金儲けはできる。
ほんの少しだけ「不安」を煽り、安易な「癒し」を差し出せば判断能力は歪められ、人は喜んで搾取され続けるのだ。
その危険性について現代人はあまりに無防備である。
神世界、統一教会、テレビ霊能者から仏教、神道、キリスト教など既存の宗教まで、霊と金、宗教と経済の関係を対応させながら現代社会を鋭く読み解く意欲作。