オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

HSPであるがゆえに苦しんでいる男性は、繊細さを否定せず受け入れよう!


f:id:c-sakuranbou:20181212132107p:plain

皆さん、ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person, HSP)という言葉をご存知ですか?

この言葉、日本語に訳すと「非常に繊細な人」になります。最近になって少しずつ広まり始めた言葉で、省略されHSPと言われています。

HSPは、1996年にアメリカのエレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。 

目次

五感が繊細で、脳の情報処理の仕方が違う

HSPの人は先天的に五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚)が繊細であることから、環境や人からの情報をキャッチする感度が高いと言われています。

その受け取った情報をHSPの脳は、非HSPよりも深く処理し、より深く考えていると言われています。これによってHSPの人には主に以下の傾向が見られます。

  • とても疲れやすい
  • マルチタスクができない
  • 大勢の人といると疲れる(団体行動が苦手)
  • よく気がつく(察するのが得意)
  • 思慮深い
  • 人のネガティブな感情(声、表情、仕草などから察する)を受けて苦しくなる
  • 大きな音や大量の情報に敏感ですぐに圧倒される
  • 刺激を避けようとする傾向が強い
  • 相手の気持ちに気がつきやすい
  • ユーモアや直観力に長けている
  • アレルギーなど体の反応が出やすい

HSPは大きな音、刺激が強い臭い、人ごみ、人のネガティブな感情に弱い傾向があります。

五感から様々な情報を受け取ってしまうので、それによって心身に不調をきたすのです。 

 

その繊細さがゆえに劣等感に悩む人が多い

このような傾向から、HSPの人は、劣等感に悩まされ生きづらさを感じている人が多いとも言われています。

 5人に1人がHSPであると言われています。人口の15%〜20% がそれにあたります。 

 

動物にもHSPはいる

また、HSPは人間だけでなく、100種以上の動物(魚、虫も含む)にも同様の傾向があることが確認されています。

種が生き残るには、鋭敏な感覚で危機を察する能力が必要です。それが人間を含む、動物たちにも備わっているのではないかと言われてます。

 

 

 

僕はHSPです

僕はこのHSPになります。そのセンシティブな感覚から、非常に苦労してきました。まず、集団でいることが非常に苦手です。

なので、学校、会社などに長時間いることが苦痛で仕方がありません。授業が終わる、仕事が終わる頃には、心身が酷く疲弊しぐったりです。

こうしたことから、自分は能力が酷く低いと思い、劣等感に苛まれてきました。

 

 

 

 

 

 

克服しようと心身を鍛えてはきたけれど・・・

男性の場合、こうした繊細さを弱さだと思う人が多いようです。僕もその一人でした。

自分の弱さを克服しようと、若い頃より、武道を学んだり、ウエイトトレーニングを行ったりしてきました。

そこから学ぶことは多々ありましたが、自分の本質であるHSPの気質が大きく改善されるといったことはありませんでした。

やはり人が多いところは苦手だし、環境や人の感情には敏感なのです。

今でも狭い空間に人が多く集まる場所や、スポーツ観戦、ミュージシャンのライブイベントに行ったときなどは、かなり疲弊してしまいます。

 

HSPは個性である!

こうした経験から、HSPの気質を克服は出来ないことを悟り、克服するのではなく、自分の個性であることを認め、その個性を受け入れることにしたのです。

そうすることで、自分の活用方法が見えてきました。HSPである自分の特性に合わないことに対する対処方法なども少しずつ身についてきました。

 

変えられない本質がある

僕と同じように男性でHSPである方はいらっしゃると思います。また同じように劣等感に悩み、克服しようと努力されている方もいることでしょう。

その努力は尊いですし、そこで学ぶこと、身に付くことは確かにあります。僕は今でも体を鍛えることが好きです。

ただ、「変えられない本質がある」ことは受け入れた方がいいと僕は思うのです。

 

自分の扱い方が見えてくる

受け入れることで、肩の力が抜け、リラックスすることが出来ます。そして「自分の扱い方」見えてきます。

どんなものでも、その扱い方がわからなければ使いこなせません。無駄に時間と労力を使い疲弊するだけです。

それと同じで、生きづらさは、自分の扱い方を知らないがゆえに生まれます。扱い方を覚えるには、まずは受容し理解することから始まります。

HSPであることで悩まれている方は、まず自分の個性を受け入れることから始められてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

親の教育、生まれ育った環境のせいにしたところで人生は変わらない。

40代からの人生逆転!筋トレをして体を変え、心を変え、人生を変えよう!

 

HSPの特性を理解したい方にオススメの本。

Amazonによる内容紹介。
「まわりに機嫌悪い人がいるだけで緊張する」「相手が気を悪すると思うと断れない」「疲れやすく、ストレスが体調に出やすい」「細かいところまで気づいてしまい、仕事に時間がかかる」そんな「繊細さん」たちから、「人間関係も仕事もラクになった!」と大評判。予約殺到の「HSP(とても敏感な人)専門カウンセラー」が教える初めての本!

Amazonによる内容紹介。
HSP(敏感すぎる人)―5人に1人がもつ「高感覚気質」だった。 自身がHSPである著者が、自分の日常をわかりやすい4コマまんがと、イラスト(本人作)で紹介。「この本で、「自分と似たようなやつがいるな」と、心の重荷を少しでも軽くしてもらえばうれしいです」-著者。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場