オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

なぜ頑張らない方が悟れるのか


僕は悟ることに対しても、頑張らなくていいよ、と思っています。

その方が楽だし、早いと思うんですよ。

人は楽なことに対する罪悪感があります。

こと悟りなんて厳しい修業をしたお坊さんや、

人生で苦労した人にしか到達できない境地、

という思い込みが多くの人にある気がします。

そんなことってないんですよね。

まずはその思い込みを捨てた方がいいです。

手放したほうがいいです。

たぶんですね、その気になったら誰でも悟れます。

善人だけでなく、悪人でも悟れます。

その悟りの境地に優劣はありません。


悟りとは、表現を変えれば、「究極的に今にくつろぐこと」

とも言えます。

言わば悟りって、今この瞬間に、リラックスすることなんですね。

頑張ると余計な力が入りますよね。

それだとリラックスできないじゃないですか(笑)


また、人が持つ習性として、

頑張った分の見返りを無意識に求めてしまいます。

俺はこれだけ頑張ったんだから、きっとこの努力が実り悟れるはず。

それも余計な力みを生みますし、

マインドが悟りのイメージをどんどん膨らませてしまいます。


悟りとは何かを身につけることでも、

特別な人間になることでもないんです。

ただ「今にくつろいでいる人」「今にリラックスしている人」に

なることなんですよ。

くつろぐためには、余計なものは身につけてないほうがいいですよね。

重たいものは脱ぎ捨てたほうがいいですよね。


自分はこれだけ大変な人生を歩んできたんだとか、

悟るためこれだけの努力をしてきたんだとか、

そうした重たいものを脱ぎ捨てるには、

頑張ることを手放すのが一番だと僕は思うのです。

どうしても頑張りたくなったら、なぜ自分はそうしたいのか、

その気持ちと向き合ってみてください(^-^)

 

よろしければポチっとお願いします♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ