オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

親鸞さんってすごい!


昨日の記事に書いた、流れに身を任せ、

徹底的にサレンダーすることの必要性を

大昔に説いた方がいます。

それは誰かと言えば、浄土真宗の開祖・親鸞さんです。

サレンダーし阿弥陀如来の慈悲にすがることを

他力本願と言いますけども、

まさにこれって苦しみを無くすための大切なテクニックです。

差取るためのテクニックですよ。

親鸞さん、すごいなー、えらいなーと思います。

もしかしたら親鸞さんは、

1つの方便として阿弥陀如来を出したのかもしれませんが、

他力本願とは、ようは「流れ」を信頼し身をゆだねるという意味です。

自分じゃ何もできない!

自我ってると苦しむだけ!

だから身をゆだねリラックスしようぜ~!

というのが他力本願です。

他人や神様の力をあてにするという意味じゃないんですよね。


流れを信頼し、リラックスしようぜ~!とは言っても、

人って、恐怖から「自分(自我)」で何かをしてしまうんですよね。

そんなときは恐怖を手放す。

手放せなければ自分を責めずに許す。

その繰り返しです。

てことで、皆さん!

今日もサレンダー&ギブアップしちゃいましょう(´∀`)

 

スピリチュアルを卒業しましょう♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ