オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

家族の問題で悩む必要はない!あなたは自分の人生を生きればいい!


f:id:c-sakuranbou:20171223195110p:plain

家族のことで悩んでいる方って、

けっこういらっしゃると思います。

 

僕自身も家族のことで悩んでいた時期がありました。

でも、考え方をあらためてから、

それについて悩むこと、気にすることはなくなりました。

 

たとえば家族の誰かに困った人がいるとします。

ちょっと問題があったりします。

そうすると、家族なんだしどうにかしたい!

と思いますよね。

 

自分のことのように心配になったりします。

自分ことならまだ自分でどうにかできるけど、

自分じゃないから余計心配で、

精神的に重くのしかかってきたりします。

そうして家族の誰かの問題を自分のことのように、

抱え込んでしまいます。

 

でもね、抱え込む必要なんてないんですよ。

それは家族の「その人」の人生の課題であって、

「あなた」の課題ではないんです。

 

「あなた」がどうにかする必要はなく、

その人が対処することなんです。

だから、自分のことのように抱え込む必要なんてないんですよ。

 

そりゃね、家族ですから、

出来る範囲内のことはしていいと思います。

でも、これ以上は無理だ、

自分の生活が成り立たない、

と思ったら身を引く、協力しないという

判断でいいと思います。

ただ、こうした考え方が、

家族の問題全てに当てはまるわけじゃないですよ。

相手が未成年だったり、高齢だったり、

体がどこかしら不自由だったりしたら話は違ってきます。

 

成人のいい大人で、性格が問題とか、

借金があるとか、大学を中退したとか、

ニートだとか、

このままでは彼は彼女はどうなるんだろう?

うちの家族はどうなるんだろう?

と思って、自分のことのように背負いこんで、

何かをする必要ないということです。

 

それは「その人」の課題だからです。

 

スピリチュアルの世界にいるでしょ。

うちの家族には重たいカルマがある!

これを解消しなければ家族は幸せになれない!

私がカルマを解消しなければ!

と使命感に燃えてスピに熱心な人が。

 

そーーーんな必要も全くありません。

そう思い込んで、カルマなんか無かったのに、

自分で「カルマがある!」という

思い込みのカルマを作り出しているだけです。

 

もし、家族のことで悩んでいる方がいたら、

自分のことのように抱え込まないでください。

 

繰り返します。

それは「その人」の人生の課題です。

あなたが使命感に燃えて解消する問題ではありません。

あなたがどうにかする問題でもありません。

 

どうにかしなくていいんです!

あなたは自分の人生を生きればいいんです。

自分の人生を生きましょう!

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

毒親とは絶縁しよう!

どんなに優しくても、子どもを支配下におきコントロールしようとする親は毒親です!

親、兄弟、姉妹に問題があるのなら縁を切ればいい!

マザコン、ファザコンの大人は気持ち悪いから早く親離れしろ!

 

アドラー心理学を
知りたい方にオススメの本。

Amazonの内容紹介より。
本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。

欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。

この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

Amazonの内容紹介より。
仕事、夫婦関係、老後への不安―人間関係に疲れてしまった男女7名の物語。今日もカフェ「ウィーン」には、悩みを抱えた人がやってくる。

相手のわがままにガマンの限界…もう離婚したい!人の評価が気になる…人の頼みを断れなくて疲れてしまった…職場の先輩とうまくいかない。

こんな悩みに、アドラーが贈る8つの処方せん。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場