オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

スピリチュアルに逃げないで!シンプルに考え、シンプルに生きましょう♪


f:id:c-sakuranbou:20180914100817p:plain

スピリチュアルにどっぷりはまっている人は、

強烈な劣等感を持っている人が多いと思います。

容姿、育ち、家庭環境、学歴、現在の状況などなど、

そういったものに対する劣等感が強く、

それらを克服したいがために、

スピリチュアルにはまるわけです。

 

僕はいま挙げた劣等感は全部持ってました。

スピリチュアルにはまる女性が多いのは、

女性はそうしたことを特に意識しやすいからだと思われます。

 

でもね、そうした劣等感って、

スピリチュアルでは克服できないんですよ。

解決しないんです。

スピリチュアルでは、「誤魔化す」ことしか教えません。

現実を「見ないようにする」ことしか教えません。

 

たとえばね、

「自分がいま辛い人生を歩んでいるのは、

こんな容姿で、こんな家庭環境で育ったのは、

前世で悪いことをしたカルマが今世で出ているからだ。

今世では、そのカルマを清算しにきたからだ」

と、スピリチュアルの先生に言われたりして、

思い込んだりしているわけです。

 

不幸なんだけども、

それで「特別意識」が満たされます。

悲劇の物語が頭の中で作られ、

その悲劇の主人公になれて酔えるわけです。

 

そうしてせっせとスピリチュアルなワークに励みますが、

いつまでたっても幸せにはなれません。

それはなぜか。

 

まず1つ目の理由。

悲劇の主人公から抜け出すのが嫌だからです。

スピリチュアルに関わっている限り、

自分は悲劇の主人公でいられます。

 

悲劇であるほど物語に酔えます。

抜け出すと、ただの人になってしまい、

それじゃあ嫌なんです。

だから、スピリチュアルに関わり続けます。

 

2つ目の理由。

1の理由と似ていますが、

スピリチュアルなことをしているがゆえに

優越感、選民意識、特別意識が満たされ、

そのため離れられず幸せになれずにいます。

 

スピリチュアルは、まだまだマイナーです。

スピリチュアルなことをやっている人は、

マイノリティ(少数派)です。

 

マイナーでマイノリティであるがゆえに、

スピリチュアルな人は、

そこに他の人とは違う優越感、選民意識、

特別意識を持ちます。

 

なので、スピリチュアルから離れてしまえば、

これまた、ただの人になってしまうという

怖れを感じてしまいます。

そのためスピリチュアルから離れられず不幸のままでいます。

 

そして最後、3つ目の理由。

スピリチュアルビジネスが、

人を依存させることで成り立っているからです。

依存症ビジネスだからです。

 

幸せになったら、それがゴールですから、

なられては困ります。

いつも不幸でいて、私にはあれが足りない、

これが足りないと常に欠乏感を抱いてもらなわないと、

ヒーラーもスピの先生もおまんまの食い上げです。

生活が成り立ちません。

 

常に「あなたはまだまだです!」と言われ続けます。

だから、スピリチュアルで劣等感が

克服されることはありません!

幸せにもなれません!

 

劣等感の克服なんて簡単ですよ。

それを教えるのに、お金を取るまでもありません。

劣等感が生まれるには、比較対象が必要です。

 

何かと、誰かと比較して、自分が下だと思うから、

劣等感を感じるんですよね。

だったら比較しなきゃいいだけじゃないですか。

比較をやめればいいだけです。

 

それなのに、カルマがどうのとか、前世がどうのとか、

そんな何の役にも立たない気持ち悪い話をくっつけて、

物事をややこしくする必要ないじゃないですか。

 

比較しなければOK!

あなたはそれでOK!

これで終了ですよ。

 

えっ? これだけって思うでしょ。

そうこれだけです。

これだけで済むのに、

人はシンプルなことを軽視します。

 

わざわざ自分で複雑にし、

めんどくさいことにして、解決できない、苦しい!

と言っているのです。

アホくさいですよね~。

ていうかアホですよね。

そんなアホなことは卒業しましょう!

 

もっとシンプルに考えていいんですよ。

物事はシンプルだし、シンプルに解決できます。

マインドは複雑にし、困難にしたがりますが、

そんなことをする必要はありません。

シンプルに考え、シンプルに生きましょう♪

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

低脳ほどスピリチュアルにはまります!自分がバカであることを認め、現実的な手段で成長していきましょう!

日本の自己啓発セミナーの変遷を書いた「心をあやつる男たち」を読みました。

承認欲求と自己顕示欲を満たしたいママ起業家がスピリチュアルの世界には多い!

スピリチュアルあるある76選!スピ系にはこんな人がほんと多い!

 

スピリチュアルの問題点を鋭く指摘している本はこちら!

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
信じる者は救われぬ。スピリチュアリティ(神霊・心霊)を騙れば簡単に金儲けはできる。
ほんの少しだけ「不安」を煽り、安易な「癒し」を差し出せば判断能力は歪められ、人は喜んで搾取され続けるのだ。
その危険性について現代人はあまりに無防備である。
神世界、統一教会、テレビ霊能者から仏教、神道、キリスト教など既存の宗教まで、霊と金、宗教と経済の関係を対応させながら現代社会を鋭く読み解く意欲作。

 

人生を変えたい、自分を変えたい、そう思ったら読む本。

Amazonの内容紹介より。
成功するには「IQ」より「グリット」 やり抜く力の大切さを伝えて28万部。
大きな成果を出した人の多くは、必ずしも才能に恵まれていたわけではない。
成功するために大切なのは、優れた資質よりも「情熱」と「粘り強さ」――すなわち「グリット(GRIT)」=「やり抜く力」なのだ。

 

Amazonの内容紹介より。
邦訳300万部突破の世界的ベストセラー。
悩みを克服するための方法が具体的で説得力豊かに綴られた不朽の名著。


人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分析し、心の持ちようや習慣を改め、心身の疲れを取り除く等の方法で具体的かつ実践的に解き明かす。 

苦悩するすべての人を心の闇から救いだし、行動と自己変革への勇気を与え、新しい人生を切り開くための座右の書。