オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

スピリチュアルとコーヒー。コーヒーは体にいいよ!


f:id:c-sakuranbou:20160202084428j:plain

コーヒーが肝臓ガンの発生リスクを下げることが、

ほぼ確実だという研究結果が出ております。

www.nikkei.com

国立がん研究センターのコホート研究では、40~69歳の男女約9万人について、調査開始時のコーヒー摂取頻度により6つのグループに分けて、その後の肝臓がんの発生率を比較しました。調査開始から約10年間の追跡期間中に、肝臓がんにかかったのはそのうち334名(男性250名、女性84名)です。

 その結果は、「コーヒーをほとんど飲まない人と比べ、ほぼ毎日飲む人は肝臓がんの発生リスクが約半分に減少する」というものでした。1日の摂取量が増えるほどリスクが低下しました。1日5杯以上飲む人では、肝臓がんの発生率は4分の1にまで低下していました。

 これらの結果からも、コーヒーをたくさん飲んでいる人が肝臓がんの発生リスクが低くなるのは、おそらく事実といっていいでしょう。特に「ほとんど毎日」「毎日1~2杯」「毎日3~4杯」「毎日5杯以上」飲む人についてのデータは、統計学的に有意なデータが出ています。「ほとんど毎日」以上の方々は、はっきりリスクが下がっていると言えます。さらに、多く飲んでいる人ほどリスクは下がっているという傾向も出ています。

 僕はコーヒーが好きなので、毎日4〜5杯は飲んでます。

ミルクは入れず、常にブラックです。

肝臓ガンのリスク、だいぶ低下しているかな。(^_^)v

まあ、コーヒーを飲んでいてもなるときはなるでしょうが。

 

スピリチュアルの世界、コーヒーを毛嫌いする人が多い気がします。

体に悪いとか、霊的にあーだ、こーだとか。

霊的にあーだ 、こーだは証明しようがないので、

どうでもいいんですけど、

体に悪いとは何を根拠に言ってるんでしょうね?

 

ガンの発生リスクが低下するという研究結果があっても、

陰謀論が好きなスピ脳な人たちは、

「それは御用学者が作った捏造された研究結果。信用できない!」

なんていいそうですけどね。

何が何でも自分たちが正しいわけです。

じゃあ自分たちが唱えている説の正しさは何をもって証明できるのか。

それは提示できないんですよね。

提示できても、情報源が胡散臭いスピ本やスピブログだったりしますから。

そうした情報だけは鵜呑みにするというw

あまりに滑稽です。

 

ああいう人たちって、とにかく市販で販売されている食品は危険、

政府が言うことは何が何でもダメなんですよ。

こういう考え方が左翼思想と結びつき、

現実無視の理想論を掲げる政党を支持したりするわけで。

理想を掲げるのは大切ですが、理想を目指すためには、

目の前の現実に対処していかなければならないと僕は思います。

でも、彼らはそうした過程をすっ飛ばして、

とにかく理想論だけを唱え、それを実現せよ!というわけです。

政治の話をすると面倒くさいことになるので、

その話はここまでとして。

 

本日、1杯目のコーヒーを飲みながらこの記事を書いております♪

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

スピリチュアルあるある76選!スピ系にはこんな人がほんと多い!

インナーチャイルド(アダルトチルドレン)は癒せません!

低脳ほどスピリチュアルにはまります!自分がバカであることを認め、現実的な手段で成長していきましょう!

スピリチュアルや自己啓発セミナーにハマっている人の特徴!

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
自分はぜったいにだまれさないと思ってるあなた。
巧妙な手口で私たち一般人を狙う、悪徳占い師、霊能者、オレオレ詐欺グループ。
彼らはどのような手口で、近づき、心の闇に入ってくるのか?
被害者救済の第一人者が「だましの手口」を徹底告発!さらに、その対策をわかりやすく解説する。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

ヨーロッパNO.1ブランド のサプリメントメーカー【Myprotein】