オールドルーキー

環境の変化や人の感情に敏感なHSPです。そんな僕が鈍感な世界をしなやかに生きるヒントをブログで綴っています。

だからスピリチュアル女子は気持ち悪い!もっと現実的な手段で自分を磨きをしましょう!


f:id:c-sakuranbou:20160223082727j:plain

www.men-joy.jp

 以下がそのアウトな行動。

■1:「オーラが見える」と言って勝手に鑑定を始める

■2:占いのためには出費を惜しまない

■3:塩や浄化スプレーなどを持ち歩き、振りまく

■4:自分がハマっているスピリチュアル系のセミナーに勧誘する

■5:「今日は外出しないほうがいいから」と言って学校や会社を休む

1、3、4は実際に目の当たりにしたことがありますね。

1のタイプって、頼みもしないのに鑑定して、

上から目線で話し出す人が多い気がしますね。

4は相当うざいです。

4のような人は、人の気持ちを察するのが苦手な人が多いので、

嫌なら嫌とはっきり言わないとダメですね。

微妙な言い回しだと全く気が付きません。

 

www.dokujo.com

 ざっくりまとめると・・・

スピリチュアルにはまって結果出してるなら許すけど・・・

「初詣に行った時、パワースポットで話題の場所だったこともあり、一緒に行った女性の友達がメチャメチャうかれててました。お守りやら、お札やら買いまくり。それを横目でみてると正直、哀れだなあ、という気持ちが湧きましたね。

 

パワーストーン、じゃらじゃら大量付けは引く!

「先日合コンに行った際、両手にパワーストーンらしきブレスレットをじゃらじゃら大量に付けている女性がいました。ふわっと優しい雰囲気で、喋り方もおっとり。話しして、いい感じだったんですけど、そのブレスレットが気になって仕方がない。

 

御朱印収集を自慢されて終わったな、と思った

「幼馴染のS。この数年パワースポット巡りが趣味で、地元仲間と数ヶ月に一回会うと必ず『スピリチュアル的には~』『風水だと~』みたいな単語が飛び交うんです。その時点で、仲間たちとはあーはじまった、って顔になるけどお構い無し。

 

会うたび、必ずピンクの服の女の理由

「毎回デートでピンクの服の彼女。最初は特に気にならなかったんだけど、あまりに毎回だから『ピンク好きなの?』って聞いたら『恋愛運アップのためにピンクしか着ないんだー!』と。

 パワーストーンジャラジャラは、スピの世界は多いですよね。

あとピンクの服の女性は見たことはないですが、

いつも同じような格好の人は多い気がします。

他に服ないのかよ・・・と思ってました。

スピにお金を使うより、オシャレな服を買ったほうがいいのにね。

 

girl.sugoren.com

 こちらもざっくりまとめると・・・

【1】運気にこだわりすぎていて面倒くさいから

【2】デートが毎回パワースポットになりそうだから

【3】他人には理解できないおかしな考えを押し付けられそうだから

【4】占いや風水に興味がなく話が合わないから

【5】スピリチュアルなものにお金をかける感覚がわからないから

【6】将来的に宗教にハマりそうで怖いから

【7】すべてを占い任せにする態度が気に入らないから

【8】「霊感がある」などと言われると怖いから

【9】勝手に占われるのが嫌だから

 占いや風水といったものに頼らないと判断できない人っていますよね。

よっぽど自分の考えに自信がないんですかね。

そんな主体性のない人を誰が好きになるんですかね?

 

スピリチュアルに興味がない男性からすると、

やはりスピリチュアル女子って、ひいてしまう対象なんです。

基本的に恋愛対象外です。

 

これは逆の場合も一緒です。

スピリチュアル男子だってスピに興味がない女性からすると、

f:id:c-sakuranbou:20160222222442j:plain

と思われてますよ。

男は追求する気質が強いので、スピにはまっている男は、

相当気色悪いです。

 

スピリチュアルなことをして恋人を見つける、

恋愛運アップなんてのは、近道でも何でもない!

むしろ遠回りです。

ていうか、大失敗です!

いつも言ってますが、もっと現実的な手段で、

自分の魅力がアップするよう行動したほうがいいです。

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

スピリチュアルの世界って、女性はブスが多いし男はブサイクが多いよね!

美人は性格が悪いは嘘!ブスの方が性格が悪いよ!

好転反応という言葉は薬事法違反です!

諦めるな!40代からでも人生は変えられる!人生は逆転できる!

 

スピリチュアルの問題点を
鋭く指摘している本はこちら!

Amazonの内容紹介より。
ノリは軽いが、罪は重い!
子宮系スピリチュアルや、布ナプキン信仰、冷え取り依存、デトックスにオーガニック…女性を狙う脅し系産業、「女はこういうケアをすべし」と刷り込む「呪い」の正体を検証。
時に面白おかしく、時に真面目に、女性の体を取り巻くあやしいものたちを、一刀両断致します。
※ 各章末に医師(宋美玄先生ら)への取材対談もコラムとして挿入。医学的な検知で子宮系スピリチュアルの問題点を指摘、説明。

 

Amazonの内容紹介より。
信じる者は救われぬ。スピリチュアリティ(神霊・心霊)を騙れば簡単に金儲けはできる。
ほんの少しだけ「不安」を煽り、安易な「癒し」を差し出せば判断能力は歪められ、人は喜んで搾取され続けるのだ。
その危険性について現代人はあまりに無防備である。
神世界、統一教会、テレビ霊能者から仏教、神道、キリスト教など既存の宗教まで、霊と金、宗教と経済の関係を対応させながら現代社会を鋭く読み解く意欲作。

Amazon Bookストアはこちら

Amazonドラッグストアはこちら

お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

あのブランド品が毎日激安特価!お買い物なら楽天市場